FOLLOW US

UPDATE|2019/05/11

元アイドルネッサンス 16才シンガーソングライター原田珠々華が語る「はじめての青」

原田珠々華


──アイドルネッサンス時代と違い、今はシンガーソングライターとして曲も詞も書いています。やはり違いは感じますか?

原田 心細さが一番ですね。もちろん今も支えてくださる方はいるんですけど、見え方は自分自身だし、嘘がつけないなと。ただ、逆にそういう感情が生まれてきたから曲を書きやすくなったっていうのもあるんです。

──と言いますと?

原田 曲を作るモチベーションが上がる時と、ぜんぜん何も思い浮かばないことがあって、それに悩んでいたんです。でも、少しの寂しさとか、ネガティブなことがあってちょっと気分が落ちている時に作るとスラスラと書けて。曲を作ることでネガティブがポジティブに変わっていくこともあるんだなって思いました。

──確かに原田さんの曲は落ちている時に書いているというわりにはポジティブなエネルギーがあるような気がします。

原田 悩みって結局は未来の希望に全部つながっていて、それを紐解いていくと、もう無理だとか、全部やめようとか、そういう感情じゃなくて、もっとどうしたいとか、こうしたいとかそういうことにつながると思うんです。結局ポジティブなことでネガティブになっているので、そういう曲になっているんじゃないかと思います。

──原田さんは今、16才で6月には17才になります。アイドルネッサンスのデビューシングルは『17才』で、原田さんの曲に『Fifteen』という曲があります。16才の原田さんから見て、15、16、17才というのは全然違いますか?

原田 まったく別物ですね。自分の性格とか、周りにこう見せようとか、憧れの人もどんどん変わっていくし。個人的に15才がすごく楽しかったんです。やっと友達や周りにも自分がやっていることが認められるようになって。でも、あの時に作れた曲は16になった私にはもう作れなくなっていて。

──興味の対象もどんどん変わる?

原田 特に曲はそうですね。あの頃好きだった曲がなぜか刺さらなくなっていたり。そういうのは寂しくなりますね。

──原田さんの歌詞は実体験が多いとか。

原田 そうですね。一人称が僕だったりとか、妄想で書くことも多いんですが、結局ひも解いてみると自分の経験を空想に当てはめて歌っているんで、それも実体験なのかなって思います。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事