FOLLOW US

UPDATE|2019/05/10

吉川友 破天荒イベントに元PASSPO☆森詩織、元ベイビーレイズ JAPAN高見奈央[画像31点]

吉川友


一方、18時30分から開催された第二部では、渋谷・ヒカリエにて行なわれていた『恐竜ライブ DINO SAFARI』千穐楽を終えて、盟友・仙石みなみが会場へと駆けつけた。そして吉川友と仙石みなみ、さらにアップアップガールズ(2)の高萩千夏と吉川茉優の4人で、アップアップガールズ(仮)の「バレバレI LOVE YOU」をコラボ。曲中、いつものように吉川友に絡まれてしまった仙石みなみにとって、渋谷だけでなく初台でもまた恐竜に出くわしたようだ。

さらに、日本テレビ系『有吉反省会』出演などをきっかけに楽曲までリリースしたぱいぱいでか美も登場。ふたりのコラボ曲「最高のオンナ」「可哀想なオンナ」のパフォーマンスに加えて、ハロプロヲタとしても精力的に活動しているぱいぱいでか美に対して、「ぱいぱいでか美がハロプロ(ないしアップフロント所属タレント)から5人を選抜してグループを作るとしたら?」というトークテーマを投げかける。その問いに対し、ぱいぱいでか美は中島早貴、鞘師里保、小関舞、浜浦彩乃、そして吉川友を選出。それぞれのパフォーマンススキルの高さもさることながら「人見知りの4人(中島、鞘師、小関、浜浦)の中に吉川友を投入すると何かが起こりそう。」という理由を述べると、吉川友は「いや、変わらないです……。」と、先日、名古屋で行なわれた小関舞のバースデーイベントに出演した時、楽屋でも移動中でも、まったく小関舞は喋ってくれなかったというエピソードを披露した。

第一部、第二部ともにラストを飾ったのは、元PASSPO☆の森詩織と元ベイビーレイズ JAPANの高見奈央、そして吉川友によるスペシャルコラボコーナー。一部では、改名前のぱすぽ☆時代のシングルから「ViVi夏」と、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の劇中歌であり、ベイビーレイズの知名度を一気に引き上げた「暦の上ではディセンバー」を歌唱。二部ではベイビーレイズの「恋はパニック」に、奇しくも本イベントが開催された5月4日はメジャデビュー日ということで、ぱすぽ☆のメジャーデビュー曲「少女飛行」をパフォーマンスする。森、高見ともにステージで歌うこと自体が久しぶり。さらに高見に至っては、「歌わない宣言してたんですよ! だけど、吉川姉さんのイベントだから歌うよ。」と、この日限りの歌わない宣言を撤回。もう目にすることができないと思っていた高見の歌い踊る姿に涙するベイビーレイズファンの姿すら会場にはあった。
吉川友
左から高見奈央、森詩織、吉川友

▽森詩織コメント
「歌が一番やりたいけど、こういう機会をいただけないと歌う機会もないので、みんなの前で歌えたことが本当に幸せでした。楽しかったです。ありがとう。」

▽高見奈央コメント
「暖かい空間の中で、ハッピーなイベントでした。令和一発目にみなさんに会えるイベントがこれだったので、みなさんに挨拶もできましたし、これからも吉川さんと仲良くしたいと思います。」

▽吉川友コメント
「今年は吉川友の『友』と書いて“友言実行”の年にしたいと思いまして、現役アイドルだけでなく、事務所の方に怒られない程度で、今回みたいにアイドルOGを集めてイベントをやれたらと。だってみんな見たいじゃない? 解散したグループの楽曲とかね。大人の許す限り、そういったことも考えたいなと思っております。今後とも、吉川友の応援、そして全世界のアイドルの応援をよろしくお願いします。」

なお、本イベントでも披露された吉川友の新曲「恋」は、iTunesをはじめとした各ストリーミングサイト、ダウンロードサイトにて全世界配信がスタートしている。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事