FOLLOW US

UPDATE|2019/05/20

NMB48渋谷凪咲 私服インタビュー「メンバーのためなら頑張れる」[画像12点]

渋谷凪咲 撮影/岡本武志


──他にQueentetで「居やすい」と感じる瞬間はありますか?

渋谷 例えばリハーサルでも、みんな意識が一緒やなって感じるんですよ。やるときはちゃんとやる、休憩するときは休憩する、という歯車がピッタリ合っているし、短時間で集中してリハーサルを進めていけるところにQueentetの居やすさを感じます。

──そして、Queentetは6月2日に東京・豊洲PITでのライブも控えています。

渋谷 関東で初めてのライブなので、すごく気合が入っています! Queentetはライブでカバー曲を歌ったりNMB48とは違ったことに挑戦していたりするので、私たちを初めて見る方はもちろん、過去にNMB48のライブを見たことがある方でも新鮮に映ると思います。なので、お友達とかを誘って見に来ていただけたらうれしいですね。そして、このライブを次につなげたいな、って。大阪での活動が豊洲PITにつながったので、ここでまた結果を出して、全国区になりたいです! Queentetでいろんな地方を回れたら!

──Queentetで全国ツアー、とか?

渋谷 ツアー、したいですねぇ~。そしてCDデビューも目指しています! グループでCDを出すのも大変な時代なので簡単なことじゃないのは分かっているんですけど、私、「きっとかなう」と思っているんですよ。だから今は未来にワクワクしかありませんし、自分達ができることから1つ1つ頑張ろうと思います!

──さて、NMB48は3月から新チーム体制に移行。渋谷さんはチームMのキャプテンに就任しました。初めての役職で、大変なことも多いのでは?

渋谷 握手会とかでファンの方からも「大変でしょ」って言われるんですけど、全然そんなことなくて! メンバーのおかげですごく楽しくやらせてもらっています。

──楽しさが先立つんですね。

渋谷 はい。もちろん考えなきゃいけないことや決めなきゃいけないことはたくさんあるんですけど、メンバーのためやと思ったら頑張れます。それに、私ができないことを他の子が補ってくれたりして、みんな本当に素敵過ぎるんですよ~! 今まで私は「どうすれば自分が一番目立てるか」って自分のことばかり考えていたのが、自分以外のこともたくさん考えなきゃいけなくなって、それは確かに大変だけど、これができるようになればもっと大きな自分になれるって思うんです。そう考えると、責任やプレッシャーがある今の状況もすごくうれしく感じますね。

──チームMにはとても個性的なメンバーがそろっています。

渋谷 ホンマ、吉本新喜劇さんのようなチームやなって思っています(笑)。新喜劇さんって皆さんそれぞれにギャグがあったり個性的で、でも目指しているものや気持ちは一緒じゃないですか。チームMもまさに同じだな、って。みんな自分のキャラはあっても、1人で突っ走るんじゃなくてみんなメンバーの気持ちを考え合える優しさを持っているので、すごくいいチームだなって感動しますね。
CREDIT

取材・文/左藤豊 撮影/岡本武志

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事