FOLLOW US

UPDATE|2019/06/17

アンジュルム和田彩花 卒業記念 みうらじゅんと「仏像とアイドル」を語る(アイドル編)

左からみうらじゅん、和田彩花 撮影/佐賀章広

2009年のスマイレージ(現・アンジュルム)結成時よりグループを牽引してきた、和田彩花。その彼女が6月18日の日本武道館公演をもって、ついに卒業する。デビュー時は不思議キャラとして衝撃を与え、その後現在の強みとなる「美術」や「仏像」といったカルチャーへの熱意を武器に、アイドル界以外からも評価される異色のアイドルに成長。その「自分らしさ」を貫く和田の姿は多くのアイドルに多大なる影響を与え、アイドル界外からも注目を浴びた。そんな、多方面から愛される和田彩花の魅力を卒業記念してみうらじゅん氏と「仏像とアイドル」を語る特別対談を2回にわたってお届け。2回目はアイドル編。


みうら お釈迦様は生前から偶像崇拝してはいけないと説いておられたわけだけど、仏像という存在は正しく偶像じゃないですか。アイドルも訳せば偶像って意味ですからね。アイドル活動をしている和田さんが仏像にハマるのも当然なことだと僕は思いますけどね。

和田 うわっ! そんなこと言われたの初めてです(笑)。

みうら それでも人の願いから生まれた偶像というのは、人々に夢を与えたり幸せな気分にさせるものの象徴だと思うんです。そのことに対する心構えってどうですか?

和田 心構えかぁ……。

みうら アイドルって周りのみんなが作り上げたものじゃないですか。「アイドルらしくしなきゃ」とかのプレッシャーでもいいのですが。

和田 どうだろうな……。みうらさんがおっしゃったように、アイドルって周りのみんなが作ったものだからこそ、いろんな目線や思惑がたくさん入り混じっているんです。そして、そこにあるのはおそらく本来の自分の姿ではないとも思う。でも、今はインターネットで情報が筒抜けになる時代じゃないですか。私も私のグループも「個」というのをはっきり持っているし、だからこそ「作られたアイドル像」みたいなものに違和感を覚えるんですよ。もっともアイドルとしての私は最初から包み隠さずやってきたつもりだし、アイドルのイメージに縛られるという葛藤はあまりなかったですけどね。アイドル的なイメージを、あえて自分たちで作らないようにしてきたとも言えるかな。

──アンジュルムというグループは特にそうですよね。

和田 みうらさんがおっしゃる「アイドル=偶像=仏像」というのも、話としてはすごくよく分かるんです。でもお言葉ですが、アイドルと仏像が同じというのは私的にはどうしても呑み込めない。それは単純に私が仏像好きだから、一緒にするのが申し訳ないという気持ちもあるんですけど(笑)。そもそも私たちアイドルって1人の人間ですから。人間を崇める行為ってどうなのかなって思うんですよね。

みうら 和田さん、それさあ……お釈迦様と同じこと言っていますよ(笑)。

和田 えっ、本当ですか!?

みうら 「人間だもの」。これは相田みつをさんの名台詞ですけどね。
CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事