FOLLOW US

UPDATE|2019/06/09

蒼井優&山里亮太「アンジュルム婚」で気になった人のためのアンジュルムってこんなグループ

蒼井優と菊池亜希子が責任編集で制作に参加した『アンジュルムック』(集英社)


そしてスマイレージは、2012年から和田、福田、中西、竹内、勝田、田村の6名に。新曲のリリースとライブツアー、アイドルイベントへの出演などをコンスタントに続けながらも、なかなか大きな成果に繋がらない厳しい時期が続く。

しかし、当初の可愛らしいイメージに加えて、他を寄せ付けない力強さを手に入れたのがこの時期だった。ライブを重ねるたびに、しなやかにパワフルに進化していった彼女たちは、2014年7月、初の武道館公演を成し遂げる。

しかし同年9月、和田と福田から3期メンバーの加入と、グループ名の改名が発表。紆余曲折がありながらも着実にキャリアを積み、「この6人がスマイレージ」と誰もが認めるようになったタイミングでの発表は、ファンを驚かせた。

3期メンバーはハロプロ研修生から選ばれた、室田瑞希、相川茉穂、佐々木莉佳子の3名。そしてグループ名は中西が考案した、天使を意味するフランス語の“ange”と涙を意味する“larme”から作られた、ANGERME(アンジュルム)となった。

そんな怒涛の展開への戸惑いは、9人体制最初のシングル「大器晩成」で木っ端微塵に打ち砕かれる。彼女たちの持ち味であるパワフルさに、新メンバー3人のフレッシュさが加わり、ただただ輝かしい未来へのワクワクを感じさせてくれたのだ。初披露となったハロー!プロジェクトのコンサートで一気にファンの心を掴み、2015年のハロプロを代表する1曲となった。

アンジュルムに改名して最初のシングル『大器晩成/乙女の逆襲』(2015年2月4日発売)収録曲

そこからもグループは形を変え続ける。アンジュルムとなったその年に、和田とともにグループを支え続けた1期メンバー・福田の卒業、そして4期メンバー・上國料萌衣が加入。翌年にはグループの歌姫・田村が卒業し、6期メンバーとして笠原桃奈が加入した。2017年にはカントリー・ガールズで活動していた船木結が兼任という形で、ハロプロ研修生の川村文乃とともに6期メンバーに。同じ年にはユニークな愛らしさが魅力の3期メンバー・相川が卒業した。

そして2018年4月、リーダー和田彩花の卒業が発表された。そのリミットは翌年、2019年の春ツアー千秋楽。1年という長いようで短い時間を費やし、初期メンバーとして、そしてリーダーとして、守り続けたグループを離れる準備をすることになった。

加入と卒業を繰り返すなかで、決して立ち止まることはなく、それぞれの個性を爆発させながら走り続けたアンジュルム。和田の卒業は残るメンバーにとっては大きすぎる試練、しかしある意味チャンスともいえる出来事。

その年の10月に発売された「46億年LOVE」は、そんな彼女たちの背中を強く押すような、大きな勢いを持つ楽曲だった。ハロプロには馴染みのあるファンキーな曲調、そしてキャッチーな振り付けは瞬く間に拡散され、ハロプロファンによるイベント「ハロプロ楽曲大賞」で1位を獲得するくらいまでに、アツく支持される楽曲へ成長した。ちなみに蒼井優の結婚を祝うブログで、和田がタイトルにした「愛は超える 46億年」は、この曲から引用したフレーズだ。


アンジュルム8thシングル『タデ食う虫もLike it!/46億年LOVE』(2018年10月31日発売)収録曲

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事