FOLLOW US

UPDATE|2019/06/18

これぞ「変化球」! 日向坂46冠番組2本で上村ひなののトリッキーなボケが炸裂

アイドル番組定点観測 第18回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第18回となる今回の観測期間は6月10日(月)〜16日(日)。



「いつでもどこでも変化球、ひなのなの!」というキャッチフレーズを持つ日向坂46・上村ひなの。筆者が初めてこの言葉を耳にしたのは昨年12月10日に日本武道館で開催された「欅坂46二期生/けやき坂46三期生 お見立て会」でした。その独特なフレーズと身振り手振りが印象的で「変わった子が入るんやなぁ~(笑)」と記憶に残ったのだけれど、今思えば一体何が「変化球」だったのか、当時の僕らはまだまったく分かっていなかった気がします。

これまでにも「ソーシャルマナー、3級」という一発芸(?)を披露するなどその片鱗は見せてはいたのですが、本当の意味で上村ひなのが「変化球」っぷりを見せ付けたのは先週のテレビだったのではないでしょうか。

6月10日(月)放送『HINABINGO!』(日本テレビ)で行なわれたモノボケチャレンジでは、MC・小籔千豊を笑わせるべく日向坂46メンバーが奮闘。そこで鮮烈なインパクトを残したのが上村でした。

佐々木久美が馬の面をかぶってスケボーで走り抜けたのをはじめ、先輩メンバーが皆パワー系のボケでミッションをクリアしようとしたのに対して、上村は般若の面を逆さにして「バニラにしますか?」(恐らく般若をソフトクリームメーカーに見立てたものと思われる)。小籔もこれを「一番笑いそうになった」と絶賛。突拍子もない発想と脱力した声で、他のメンバーとは一味違う笑いをかっさらった上村を見て「これが変化球の真骨頂……!」と思わずにはいられませんでしたね。

さらに上村は、6月16日(日)放送『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)で潮紗理菜、金村美玖、宮田愛萌とともに靴屋の店員としてクレーム対応の即興芝居を行なうことに。

「靴が小さい」とムチャな言いがかりを付けるクレーマー役のオードリー・春日に対し、宮田が「交換はできないんですけど、合う靴もご用意できますので。上村がご案内いたします」と流れるような応対でパスを出したところ、上村はなんとその場で靴を作り始めるという暴挙に。いや行動がトリッキー過ぎるでしょ! ひとしきり笑わせてもらった後、「なるほど、やっぱり変化球だ」と妙に納得してしまいました。

不遇の時代を乗り越えてデビューを果たした日向坂46は(いい意味で)がむしゃらさや泥臭さが魅力だと思うのですが、そこに「変化球」上村ひなのが3期生として加入したことで、バラエティ面においては以前よりさらに面白さの幅というか奥行きが広がったような気がします。これからも彼女にはトリッキーな動きでグループをかき回してほしいところです。
AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事