FOLLOW US

UPDATE|2019/06/18

最後は笑顔で…アンジュルム和田彩花 卒業コンサート速報[画像10点]

和田彩花卒業コンサートより

アンジュルムの和田彩花が、18日(火) に日本武道館にて開催された卒業公演をもってグループ及びハロー!プロジェクトを卒業した。


和田彩花は2004年にハロプロエッグに加入した後、2009年にアンジュルムの前身グループであるスマイレージに結成メンバーとして参加し、グループのメジャーデビューから改名を経て現在までリーダーを担当。2017年からはハロー!プロジェクトのリーダーを兼任した。

卒業公演には約12,000人を動員。ライブの模様はフジテレビTWOにて生中継されたほか、国内・台湾を含む全29会場にてライブ・ビューイング中継された。

武道館が赤いペンライトの光で埋め尽くされた中「赤いイヤホン」(最新アルバム『輪廻転生〜ANGERME Past, Present&Future〜』収録曲)からスタートしたライブ。最初のMCでは和田彩花が「今日でアンジュルムの第1章が完結します。同時に第2章のスタートでもあります」と宣言し、「楽しんでいきましょう!」と笑顔を見せた。

サプライズでは、前ハロー!プロジェクトリーダーの矢島舞美がかけつけた。矢島は花束を和田に贈り、「ハロー!プロジェクトリーダーを引き継いでくれて、この大切なみんなの場所を力強く守り続けてきてくれた事、本当に本当にありがとうございました。これから始まる、あやちょの新たな人生が、たくさんの笑顔とたくさんの愛に溢れていますように」と和田の背中を後押しする手紙を読み上げた。

MC明けにはメジャーデビュー曲「夢見る15歳(フィフティーン)」が披露され、武道館は大喜びのコールに包まれた。「帰りたくないな。」ではセンターステージに一人立った和田彩花と、メインステージに立った他のメンバーたちが見つめ合う一幕も。そして中盤のメドレーブロックでは、スマイレージ時代の5曲をメンバーがかわるがわる披露。中西香菜・竹内朱莉・勝田里奈ら3人での「私の心」から和田がソロで「シューティング スター」を歌い上げた。

全員が再度集まっての「交差点」では、センターステージ全体が時計のように回転しながら上昇し、中心の和田に向かって歌うメンバーたちの中から感極まって涙を流す者が続出。歌詞おわりの“ありがとう”を歌い上げた竹内朱莉が泣いて和田の肩にもたれるのを、和田が笑いながら受け止めると、会場は溢れんばかりの歓声に包まれた。

そして円陣を組み、メジャーデビュー曲のアンサー曲でもある最新シングル曲「夢見た15年」へ。振り付けの中で和田とメンバー一人ひとりが対になり、前に進もうとするサビの歌詞を爽快なメロディにのせ、全員で歌い上げる姿はアンジュルム第1章のラストに相応しい圧倒的な輝きを放っていた。後半戦では「次々続々」を皮切りに、グループの人気ナンバーとなった「大器晩成」まで完全燃焼のセットリストで駆け抜けた。

アンコールでは会場が赤いペンライトの光に包まれ、純白のドレスに身を包んだ和田がデビュー曲の「ぁまのじゃく」をソロで歌い上げたあと、自ら語りかける形でファンへの思いを伝える。最初にファンへの感謝、続いてスタッフ陣への感謝。

そしてメンバーについては「みんな違ってていいんだってことに気付かされました。気づかせてくれたみんなに感謝しています。アンジュルムというグループとして、同じ方向にむかって1つにならなければいけない時には、みんなで違いを乗り越えていけばいいんだってことも学びました。今後一人ずつが自分の考えをもって活動を維持してくれたら、私は嬉しいと思います」、自身のこれからについては「アイドル、そして女性として在り方についても見つめ直していきたいと思います。アイドルの解釈の幅を広げるためにまたステージに戻ってくることが次の夢であり目標です」と語った。

在籍メンバーが卒業メンバーへ言葉を贈るパートも、武道館ライブを振り返っての感想を一人ひとりが語るスタイルで行われた。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事