FOLLOW US

UPDATE|2019/06/23

落選からのスタート“かみやど”石綿なこ「誰がセンターでも違和感のないグループにしたい」

かみやど 石綿なこ 撮影/Issey Nakanishi

来たる6月29日、生まれたての6人組アイドルグループ「かみやど」が、東京・Shibuya O-WESTにてデビューライブを開催する。彼女たちは、原宿発のアイドルユニット「神宿」の新メンバーオーディションにて惜しくも落選した最終候補メンバー6人により結成された研修生ユニットだ。


4月29日に東京・豊洲PITで開催された「神宿」新メンバーオーディション最終選考。最終候補メンバーが約1カ月にわたるレッスンを受け、当日のライブではそれぞれが神宿と組んで、満員の観客の前でパフォーマンスを披露した。そして塩見きらが新メンバーに決定した1ヶ月後の5月21日、オーディションファイナリスト6人により、かみやど(ひらがなかみやど)の結成が発表された。

ある意味、負け組からのスタート。だが、初代モーニング娘。の例を出すまでもなく、落選組からスターが生まれることは少なくない。ENTAME nextではかみやどメンバー1人ひとりから、落選時に抱いた想いや、かみやど結成に至るまでの心の移り変わり、そして自身が目指す理想のアイドル像などを聞いた。

▽石綿なこ
1998年1月13日生まれ、東京都出身、身長157センチ。3歳でピアノをはじめ、現在はピアノ科で学ぶ現役音大生。アイドルに憧れて46/48系のオーディションを受け続け、今回のかみやど結成でついに夢かなった

──4.29豊洲PITの最終選考で神宿の新メンバーに選ばれなかった時の気持ちを教えてください

石綿 私は悔しさで、タオルで顔を隠していました。きらちゃんが受かったことにはみんなが「おめでとう!」って思っていたし、私自身もそう思えていたんですが、これまで何度もオーディションを受けてきたなかで、今回も落ちてしまったという結果は変わらないのでそれがとにかく悔しかった。

 そして、豊洲に向けてみんなでずっと頑張ってきて、ダンスレッスンなどの形でアイドルという憧れのお仕事に触れることができたのに、その毎日が終わってしまうんだなと思ってたくさん泣きました。

──神宿公式チャンネルのインタビュー動画では、7人誰が受かってもおめでとうと言える気持ちになったと語っていました。

石綿 それは本当にそう思っていました。でもその動画の時にはこれが最後のオーディションだって言ってたんですが、実際に落選が決まった時には、やっぱりアイドルになれる日までオーディションを受け続けようという考えに変わっていたんです。

──その豊洲PIT公演が終わって、ひらがなかみやどを結成することになりました。

石綿 実は私、迷った組のほうだったんです。一番の理由は、私のアイドルに対する熱量が強すぎて、周りの友だちからも「なんで!?」って言われ続けてきたくらい、アイドルになりたかったから。だから打ち上げの場で「このメンバーで新しいグループを作ろう」という話が盛り上がったときに、豊洲PITまで7人一緒に頑張ってきたけど、実際には他のみんながどれくらいの強さでアイドルになりたいのかが分からなかったので、私の強い思いがみんなにとって重荷になる時がくるんじゃないかとか、せっかく築き上げたみんなの仲を壊してしまわないかと心配でした。

私の家って、3歳の時から毎日ピアノ弾かないとならない厳しい環境で、部活にも入れなかったし、縛られて生きてきたんです。そのなかで、自分の本当にやりたいこと、なりたいものはアイドルだって思うようになって、アイドルに対してのこだわりがすごく強かった。これまでは秋元康先生のグループにこだわってオーディションを受けてきたんですけど、神宿のことを知った時にはものすごくキラキラして見えて、「ここに入りたい!」って心から思えて。

私自身、2年ほど芸能事務所に所属していて、テレビやCMにも出させていただいて、そういうお仕事もめちゃめちゃ楽しかったんです。でも、どうしてもアイドルが良くて。14歳の時に最初のオーディションを受けて、それから何回も何回も受け続けてきて、最終の何人かまで残ったこともあったんですが、やっぱりあと一歩でダメで…。

最初に受けたのはAKB48の14期か15期で、それから坂道とかラストアイドルとか秋元さんが関わっているグループは全部受けました。面接で同じグループだった子が受かったという経験は何回もあったし、何年受け続けても受かる基準が分からなくて、正解がないというか。それが神宿のオーディションでは豊洲PITのステージも経験させてもらったし、神宿さんはすごく魅力のあるグループだから、いまはすごくいいチャンスをもらったと思っています。

今でもアイドル活動を始めることに不安はゼロではなかったりしますけど、そのなかで決断できたのは、ひとつにはここで他の5人とバイバイしちゃうのはイヤだったこと。そして通っている音大ではみんな4年生で就活してたり教員免許取ってたりして、私自身も21歳なのでアイドルのオーディションにはもうチャンスがあまり残っていないって思って。だからみんなと一緒にやろうって思いました。

──そうやってスタートした「かみやど」をどんなグループにしていきたいか、そして個人としてはどこを目指していますか。

石綿 誰がセンターに来ても違和感のないグループが理想です。歌って踊れるのは大前提で、この子は何ができるっていう特技をみんなでちゃんと持ちたいです。個人的にはアイドルアイドルした子が好きなんですけど、自分はそういうキャラではないから、推されて愛されるメンバーはみんなに託して(笑)。

オーディションの最中にエゴサもしてみたら、けっこう“陽キャ”って書かれていて、本当は全然そうじゃないのそういう風に見られがちなのかなと。自分は空気を読みながらその場に何が必要かを感じ取れるような、いい意味でアイドルっぽくないタイプだと思います。


▽かみやどデビューライブ
かみがやどるばしょ~あなたはどんないろにそめるの?~
出演:かみやど(石綿なこ、萩田ここ、辻ゆか、桜木こと、藤田みゆ、高田もも)
日時:6月29日(土)開場13:00/開演13:30
会場:Shibuya O-WEST
チケット:1000円+ドリンク代
※終演後に無料ハイタッチ会&特典会あり

▽かみやど公式ツイッター
https://twitter.com/hiraganakmyd

▽かみやどShowroom配信ルーム
https://www.showroom-live.com/hiraganakamiyado
AUTHOR

カゲ

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事