FOLLOW US

UPDATE|2019/06/25

でんぱ組&虹コン 根本凪「私が夢眠ねむさんから学んだこと」

根本凪ファースト写真集『スピカ』より 撮影/西條彰仁


根本 上映中、ねむさんが推しのぬいぐるみを膝の上に載せていたのが可愛くて、正直映画の内容は全く入ってこなかったです。その後も新宿の中村屋でカレーをおごってもらいました。あと、でんぱ組の加入が決まったとき、一緒に私のレッスン着を選びに行ったことがあります。アディダスに行って、タピオカ飲んで、プリクラを撮ったんですよ。ヤバー!

──まるで付き合い始めのカップルじゃないですか。

根本 プリクラは、その日にねむさんと遊んだことをデータじゃなくて形に残したかったんです。しかもレッスン着のズボンをねむさんが買ってくれて、その優しさを見習いたいです!

──そんな憧れの人がいるでんぱ組に加入する話がきたときは、どう思いましたか。

根本 まず信じられなかったです。メンバーのバランスみたいなものをファン目線で分かっていたので、私なんて入っていいのかなと。ただ、(最上)もがさんも卒業するし、何か自分にできることがあるなら、微力でも力になりたいなと思って加入を決心しました。

──同じグループのメンバーになって、ねむさんの印象は変わりましたか?

根本 外側からしか見てなかったねむさんを内側から見ることで、今まで以上にすごい人だなと気付かされることが多かったです。あと、いろんな人から愛されていて、人とのつながりを大切にしていて。私もねむさんのように人のつながりを大切にして、人間らしく生きていきたいなと思いました。

──今でも、ねむさんに会うことはあるんですか。

根本 お互いにお仕事が忙しいので、なかなか会うことはできないんですけど、連絡は取っていますし、イベントなどに来てくださることもあります。そういえば3月31日に表参道で私の生誕イベントをやらせていただいたんです。そしたら、ねむさんがディアステージが会場だと思って、私へのプレゼントを持ってディアステージに行っちゃったんですよ。そんなところも可愛い!

──根本さんは、ねむさんの担当色だったミントグリーンを継承することになりました。

根本 ねむさんにとってミントグリーンは大事な色と知っていたので、それを私に任せようって思ってくれたことが光栄でしたね。もちろんプレッシャーもありますけど、ねむさんのオリジナルカラーに泥を塗らないように、ねむさんイズムを受け継ぎながらも、自分らしく頑張っていきたいですね。



▽『根本凪ファースト写真集 スピカ』
撮影:西條彰仁
発行:小学館
定価:3000円+税
AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事