FOLLOW US

UPDATE|2019/07/04

ビジュアル最強美少女グループのエース尾野寺みさ「学校では生徒会に所属、忙しくてテンパることも」

尾野寺みさ 撮影/荻原大志



──先ほど「外に出ていたいタイプ」とのお話もありましたが、ゲームとかはあまりされないんですか?

尾野寺 全然興味がないですね。小学6年生の頃に、周りがみんな3DSを持っていたんですけど、私は欲しいとも思わなくて。でも、3つ下の弟が欲しいって言いだしたときについでに買ってもらいました(笑)。対戦などの勝負する系のゲームは苦手なので、ゆる~い『どうぶつの森』とか『トモダチコレクション』をやっています。

──確かにゆるいですね(笑)。尾野寺さんは小さい頃、どんな子でしたか?

尾野寺 全然人見知りしない子でした。初めての場所でもすぐになじめてしまうので、環境適応能力は高い方だと思いますね。ただ、緊張しないかと言われるとそうじゃないんです。むしろめちゃくちゃ緊張する方。本番前はお腹が痛くなるくらい緊張します(笑)。

──子供の頃の思い出を1つ教えて下さい。

尾野寺 両親が徳島県出身なので、尾野寺家では“阿波踊り”が毎年重要な行事なんです。私ももちろん子供の頃からやっていました。ただ、阿波踊りは毎年お盆の時期に行われるんですけど、私のお誕生日の8月14日と丸かぶりなんですよ! 徳島出身の方の阿波踊りに対する本気度ってものすごくて、夕方から行われる阿波踊りのために昼間はわざわざ仮眠をとるんです。子供の頃は夜中まで参加することもできないのに仮眠も取らされていたので、お誕生日をお祝いしてもらった記憶がないんです……。


阿波踊りをする幼少期の尾野寺みさ。

──な、なんだか悲しい思い出ですね……。

尾野寺 でも、グループに加入した後、初めてお誕生日サプライズを受けたんです! 阿波踊りはできなくて残念だったけど、あれはうれしかったですね。

──よかった、いいお話! 尾野寺さんはダンスと歌だったらどちらが得意ですか?

尾野寺 5歳ぐらいからクラシックバレエを習っていたので、ダンスは得意です。ただ、歌が壊滅的に下手くそで……。

──壊滅的に(笑)。

尾野寺 いや本当に、自分の歌声を聞きたくないくらい嫌なんです(笑)。今は昔より成長している……と、思いたいですけどね。というのも、リリバリは被せもなしの生歌でライブをしているんです。どんなに下手だったとしても、“成長過程を見せる”という方針なので、常に思い切り実力で勝負しています!

CREDIT

撮影/荻原大志

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事