FOLLOW US

UPDATE|2019/07/04

ビジュアル最強美少女グループのエース尾野寺みさ「学校では生徒会に所属、忙しくてテンパることも」

尾野寺みさ 撮影/荻原大志



──そもそもの話になるのですが、尾野寺さんがアイドルを始めたきっかけは何だったんですか?

尾野寺 スカウトですね。最初は「ヤバい人に声を掛けられた……」って警戒もしていたんですけど、話しているうちに興味を惹かれてしまいました(笑)。

──親御さんの反対とかはなかったんですか?

尾野寺 結構渋っていましたね(笑)。でも私がやりたいと強く思っていたので、根負けしたのか、いいよって言ってくれました。それからリリバリのオーディションの話をいただいたのが、高1の5月くらいかな。もうそのときには生徒会にも入っていて、学校が人生の中心だったんです。このまま普通に高校を卒業して大学にも行って……って思っていたところだったので、驚きました。今はあのときからは想像できない場所にいますね(笑)。

──活動していて一番楽しいことは何ですか?

尾野寺 メンバーとライブをしているときが一番です。学業の都合もあって、いつもメンバー全員でライブに出られるとは限らなくて。ただそういう日を経ているからこそ、より「この5人でライブをしているのが一番楽しい!」と思うようになったんです。自分が一番生き生きしていられる気がしますね。

──尾野寺さんにとって、4人のメンバーってどんな存在ですか?

尾野寺 何だろう……。家族とか、友達とか、そういうジャンルじゃないんですよ。新しい枠組みの人。どこにも例えられないなって思うんです。1つのグループとして同じ方向を向いて頑張れる仲間、が一番近いのかな。

──メンバー仲はいかがですか?

尾野寺 いいと思います。……うん、いいです。

──(笑)。

尾野寺 いや、比べる対象が分からないんですもん(笑)! でも喧嘩はしますよ。

──それはするんですね。

尾野寺 どちらかというと、めちゃくちゃします。私たちは言いたいことを我慢せずにバンバンぶつけ合うんですよ。でもそれで関係が悪くなることもなくて。メンバーだけでまとまらないときはスタッフさんに間に入ってほしいって助けを求めますし、逆にメンバーだけで決着をつけたいから「今は楽屋に入ってこないで!」って連絡したり(笑)。

CREDIT

撮影/荻原大志

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事