FOLLOW US

UPDATE|2019/07/09

『ゴッドタン』で話題の社長兼カリスマ・眉村ちあき「会社を立ち上げたのは靴下を投げていた頃の延長」

眉村ちあき

エモーショナルなライブパフォーマンスと、自由奔放かつキャッチーな楽曲、そして『ゴッドタン』(テレビ東京系)出演時に披露された即興ソングがバズるなど、現在ブレイク街道まっしぐらの眉村ちあき。アイドルとして自らが代表の株式会社を立ち上げたことでも話題だ。その類い稀な音楽性だけでなく、ぶっ飛んだキャラクターもチャームポイントな彼女の遍歴と、その素顔に迫った。


──もともと3人組アイドルグループの一員だったそうですが、どうしてアイドル活動を始めたんですか?

眉村 きっかけはBoAさんみたいになりたくてボイトレを始めて、そしたらグループに誘われたんです。ダンス&ボーカリストになりたくてアイドルになったんですけど、歌って踊るということに関してはBoAさんと同じことをやっていたので、近付いてると思いました。当時から絶対に売れる! 世界進出する! って思ってましたね。

──BoAさんのどこに惹かれたんですか?

眉村 いっぱいムキムキマッチョのダンサーを従えてて超かっこいいなと思って、私もそういう人になりたいなと。結果的に全然BoAさんみたいにはならなかったですけど。

──曲作りを始めたきっかけは?

眉村 3人組グループが解散するときに、これから何の曲を歌ったらいいんだろうと。自分で作らなきゃと思って始めました。それでGaregeBand(手軽に楽曲制作ができる初心者向けの音楽ソフトウェア)というアプリを知り合いに教えてもらったんです。iPadに入れて触っているうちに「意外と作れんじゃね?」と思ったら楽しくなって、どんどん曲を書きました。

──もともと音楽は好きだったんですか?

眉村 全然好きじゃないです。

──音楽に興味がなかったのに、作れるのが素晴らしいです。

眉村 普通にピアノをトゥルルルルンって入れて、いい感じのベースをベベベンって入れて、いい感じのドラムをポンポコリーンって入れたらできました。インディーズで出したアルバム『ぎっしり歯ぐき』も全曲GaregeBandで作りました。

──GaregeBandに課金して新しい音源を買うこともあるんですか?

眉村 1回も課金したことないです。この音が欲しいなと思ったら、エフェクトを超上手くかけるとできます。

──パソコンで楽曲制作をしようとは思わなかったんですか?

眉村 パソコンは超疎くて。電源すら点けられなかったですからね。今はiPadがバキバキに割れたので、パソコンを使ってますけど。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事