FOLLOW US

UPDATE|2019/12/25

美女軍団ゼロイチファミリア 桃月なしこ&十味 特別対談「初対面のときの第一印象は、ヤバい人が来た」

左から十味、桃月なしこ 撮影/佐賀章広

マンガ誌の表紙を席巻する美女軍団“ゼロイチファミリア”。その事務所の中でも、“平成最後の奇跡の原石”というキャッチフレーズとともに注目度が高まっているのが事務所の新星・十味(とーみ)だ。その十味と彼女が事務所に入るきっかけとなったカリスマコスプレイヤー桃月なしこの対談をお送りする。もはや崇拝と言っても過言ではない十味の一方的な“憧れ”から始まった関係は現在どうなっているのか──。


──十味さんは、この世界に入る前から桃月さんの大ファンということですが、どこに惹かれたんですか?

十味 顔です(笑)。好き過ぎて普通にツイッターにリプを送ってました。

桃月 そうだったの? 今初めて知った(笑)。

十味 リプ返タイムみたいなのでリプを送って、「今回は返ってこなかった……」とか一喜一憂してました。返ってきたときは、心臓がドン! ってなりました。

──桃月さんから見て、十味さんの第一印象はいかがでしたか?

桃月 ヤバい人が来たな、です(笑)。私の記憶によると、初めましてのときから「なしこさ~ん!」って感じだったので、どう対応していいか分からなかったんです。どう接すればいいんだろうって。私は自分に対する好意を素直に受け取れないタイプなので、グイグイ来られると一線を引きがちなんですよ。

十味 これでも初対面のときは、しばらく様子見タイムがありました。挨拶はできたんですけど、そこから写真は頼めなかったんです。無銭接触になるって思いましたから(笑)。

桃月 確かマネージャーさんが、「この子、なしこちゃんが好きらしいよ」って促してきたんだよね。

──初めてプライベートで遊んだときはどこに行ったんですか?

桃月 十味のお仕事が上手くいって、お祝いに馬肉を食べに行きました。

──そのときに、どんな話をしたか覚えていますか?

十味 私が一方的にお仕事についての相談をガッツリしていました。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事