FOLLOW US

UPDATE|2019/07/08

AKB48 4年ぶりの単独全国ツアー開幕! 選抜16人全員が必ず1曲はセンターに

『僕の打ち上げ花火』を歌う柏木由紀、小栗有以、岡田奈々 (C)AKS

7日(日)NHK大阪ホールで、約4年ぶりとなるAKB48単独での全国ツアー「AKB48全国ツアー2019〜楽しいばかりがAKB!〜」がスタートした。



大阪公演は昼夜2回公演で開催され、ツアー選抜メンバー16人が必ず1曲はセンターポジションに立った。

AKB48グループ総監督・向井地美音の「AKB48全国ツアー2019盛り上がって行くぞー!」の掛け声により、ステージと客席から登場したツアー選抜16人。全員で歌う「真夏のSounds Good!」でライブはスタートした。

「Everyday、カチューシャ」などのシングル曲や「ただいま 恋愛中」「彼女になれますか?」などの公演曲を次々と披露した後、向井地は「ツアータイトルにもあるように“楽しいばかりがAKB”ということで、ファンのみなさん、そしてメンバーも一緒に楽しいばかりのツアーにしていきたい」とツアーへの意気込みを語った。

そして、向井地、各チームキャプテンの岡部麟(チームA)、込山榛香(チームK)、岩立沙穂(チームB)、村山彩希(チーム4)による「鏡の中のジャンヌ・ダルク」など、このツアーだからこそのユニットを次々と披露。「僕の打ち上げ花火」では、七夕の日にちなみ、色とりどりの浴衣でメンバーが次々と登場し、スクリーンに映し出された打ち上げ花火をバックに、切ない恋の歌を歌い上げた。

また、初日の会場が大阪ということで、姉妹グループNMB48の「イビサガール」「ワロタピーポー」の2曲を披露し会場を盛り上げると、その後も「Teacher Teacher」「NOWAY MAN」「僕たちは戦わない」と迫力あるダンスパフォーマンスでファンを魅了した。

夜公演のアンコールでは、向井地が「全国ツアーの初日、昼夜2回公演無事に終えることができまして、みなさんがたくさん温かい、熱い声援をくださって、私たちも心の底から、汗をかいて、楽しめた一日になりました、ありがとうございます」と挨拶。さらに「それぞれの場所でみなさんと楽しいという気持ちを共有して、AKB48は楽しいことばっかりだな、応援してて最高だなと思ってもらえるグループにもっともっとしていきたいと思っていますので、これからも応援をよろしくお願いします」とコメント。最後は全員で「君と虹と太陽と」を歌い上げ、全27曲のパフォーマンスを終えた。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事