FOLLOW US

UPDATE|2019/07/22

松岡菜摘「空いた穴はみんなで埋める」 HKT48がツアー初日で見せた強い“意志”

(C)AKS

21日(日)、福岡サンパレスホテルにてHKT48の九州ツアーが開幕した。2014年に開催した初のライブツアーから5年半ぶりに九州7県を回るツアー、しかも指原莉乃卒業後の初のツアーでもあり、大きな注目が集まっていた。ツアー初日、HKT48はどんな“指原以後”の姿を見せたのか。オリジナルのレポートをお送りする。



HKT48が4年半ぶりの九州ツアーに打って出た。テーマはもちろん「脱・指原莉乃」だ。今年4月に卒業をした指原の存在は、HKT48にとってあまりにも大きかった。残されたメンバーは指原から卒業できるのか? そこが見どころだ。ツアーのサブタイトルは、「HKT48九州7県ツアー~あの支配人からの、卒業。~」。指原なき後、どんなグループに生まれ変わるのかを知るためには、ツアー初日から観ておく必要がある。

指原政権はあまりに長かった。よって、いきなり改革なんてできるわけはない。ファンは焦らないで見たほうがいい。今回のツアーで変革の片鱗が見えれば、それでいい。

特に注目していたのは1期生だ。今年2月、2期生は独自の公演「博多リフレッシュ」を始めている。それもこれも、偉大すぎる前支配人が卒業を発表し、過去にない危機感を覚えた2期生が何かをしなくてはならないとミーティングを重ね、スタートさせた具体的行動が、それだ。では、1期生は何をするのか。2011年にデビューした1期生は、11月で8周年を迎える。グループの危機に誰がどんな役割を担うのか。コンサートを通して、それを見せなければならない。

そんなことを考えていると、飛行機は雨の福岡空港に到着していた。

13時過ぎ、会場の福岡サンパレスに到着。ホールに入ると、ステージには巨大な指原の写真が掲げられていた。卒業コンサートの時のものだ。そればかりか、ステージの上下(かみしも)に花が飾られている。雰囲気はまるで告別式か、お別れの会。指原からの“卒業式”と銘打ってはいるが、かなり大掛かりで意味深な仕掛けだ。何が始まろうというのか。
AUTHOR

犬飼 華

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事