FOLLOW US

UPDATE|2019/07/23

デジタル声優アイドル“22/7” 「ナナニジフェス 2019」で見せた11人の絆の物語

撮影/中原幸・青木早霞

7月22日(月)に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行われた、22/7(ナナブンノニジュウニ)の『ナナニジフェス 2019』。今年で3回目となる同イベントのオフィシャルレポートを、ライブ写真とともにをお届けする。



今年で3回目となる“22/7の日”の7月22日、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて『ナナニジフェス 2019』を開催した22/7。SHOWROOMにて月イチ配信中の「ナナニジROOM」でもMCを務める天津向の呼び込みでステージに登場した11人は「フェス=お祭り」に相応しい正装ということで……何とも華やかな浴衣姿! 一人ひとり、この日のために選んだ柄や着こなしのポイントとともに自己紹介し、可憐な個性を咲かせていく。

前半は、どこからか聞こえてくる祭り囃子の音に乗せて始まったバラエティコーナー「22/7の夏祭り」。天城、倉岡、高辻、武田、花川の「teamパリピ」と、海乃、西條、白沢、涼花、帆風、宮瀬の「teamセクシー」の2チームに別れ、白熱の五番勝負を繰り広げることとなった。

ペアになって抱き合い、間に挟んだ風船を割る「風船割り」では、愛らしい猫とうさぎがじゃれ合うような高辻と花川、必死に背伸びしてグループで一番長身の海乃に抱きつく宮瀬と、仲の良さを見せつける。また、両チーム引き分けで迎えた最終決戦「花火デートで告白」は、花火の上がる音を合図に始める妄想シチュエーション勝負。「かな姉じゃなくて、かなえって呼んでよ」と、会場中を一瞬にして“年下の幼馴染”に変えてしまった先行・白沢の圧勝かと思いきや、まさかの「あれは花火じゃない、戦の始まる音だ!」と、愛する人を守るべく立ち上がる少年になりきった後攻・天城が、男性の心に潜む乙女心を揺り動かし、番狂わせの結末を得た。

賞品に高級スイカの目録が贈られ、喜びにはしゃぐ「teamパリピ」。罰ゲームとして、倉岡の特技である花火の効果音に合わせ、ドーンと打ち上がる花火を全身で表現した「teamセクシー」の熱演が、にぎやかな笑いの一幕を締めくくった。

「22/7は、11人。それを信じて活動してきました」。メンバーが退場し、そんな言葉に始まるムービーが流れ出すと、会場はしんと静まり返る。映し出されたのは、オーディションの対象であった8キャラクターを得たメンバーたちのステージを、ただ、じっと見つめる涼花、高辻、武田の姿。ともにデビューを果たしながら、キャラクターを持たない3人は、ライブ中にも“8人曲”となるとそっと姿を消し、ときにキャラクターライブを盛り上げるための影ナレーションを担った。互いの「あきらめない」熱で支え合うかのように肩を寄せ、どんなときも8人に負けない笑顔で。そして、今――。

暗転したステージに、うつむきがちに現れた西條。それを取り囲み、群像劇が如く行き交う10人。茜色の空を思わせる新衣装を纏った11人が、凛と顔を上げた。ついに初披露となった、22/7初のフルメンバーによる4thシングル「何もしてあげられない」。激しくも繊細なパフォーマンスと、葛藤の日々をなぞるかのフレーズが、あるべき姿を取り戻した強さを感じさせながら、我々を彼女たちの物語の中へとドラマティックにいざなっていく。一人ひとりの眼差しから、目が離せない。誰もが、息を呑んでいた。やがて解放の後、喝采が巻き起こる。

この楽曲に込められた「集団の中の孤独」というテーマについて、西條は「大切な人に何かしてあげたいのに、何をすることがその人の助けになるのかがわからなくて、結局、何もしてあげられなかったり、知らないうちに傷つけてしまうこともある」と、解説。他の10人を割るように後ろから登場する“麗ちゃんモーゼ”と呼ばれる振りが好きだと言われた高辻は、込み上げてくる感情をこらえながら「あいなっち(武田)、萌ちゃん(涼花)と3人の歌割りが、すごく嬉しいです!」と無邪気な笑みを見せた。

昂ぶりを癒やす「やさしい記憶」、そして「不確かな青春」。互いに交わし合う穏やかな笑みの中に、恋をするように22/7と出会った彼女たちの日々がキラキラと輝く瑞々しいメドレーだ。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事