FOLLOW US

UPDATE|2019/08/18

NGT48が新公演をスタート「ステージに立てるありがたさを改めて感じた」

(C)AKS

NGT4818日(日)、新潟のNGT48劇場にて新公演「夢を死なせるわけにいかない」をスタートさせた。NGT48が劇場公演を行うのは518日に開催した「太陽は何度でも公演~菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演~」以来、およそ3カ月ぶり。



公演が始まる前に早川劇場支配人が登壇し、「こうして今日の日が迎えられたのは日頃から応援してくださているファンのみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。NGT48が新潟にあってよかったなと思っていただける方が一人でも増えるようにメンバー・スタッフ一同、これからできることをひとつひとつ頑張って参りたいと思います」と挨拶。その後、「楽しんで帰ってください」「頑張るぞー!」など、メンバー34名全員からのメッセージ映像が上映された。

Overture が流れる中、これまでもNGT48劇場演出を盛り上げてきた可動式巨大LEDパネルに、新潟の美しい景色やこれまでのレッスンに打ち込む姿が映し出され、メンバーがステージに登場し新公演はスタートした。

オープニング曲の「ロマンス、イラネ」が始まり、新しい公演が「夢を死なせるわけにいかない」公演だと分かると会場からはより大きな歓声が上がった。同公演は、AKB48チームAとチームKの混合メンバーで結成された「ひまわり組」が、2007年から上演していた公演。

序盤の4曲が終わり、自己紹介MCになった際には、本間日陽が「こうして初日公演のステージにみんなで立てることが本当に嬉しいです」と挨拶。他にも、山田野絵の「ただいま!」、佐藤杏樹の「会いたかったよ!」といった笑顔での挨拶が続き、この日を心待ちにしていたファンと喜びを分かち合った。

劇場公演再開の喜びと感謝の気持ち伝えようと、メンバーは最後まで全力のパフォーマンスを続け、「愛の毛布」で本編は終了。アンコールを経て、最後の楽曲となる「ハートが風邪をひいた夜」を終えた後、初日の記念として特別にもう1曲が追加された。高倉萌香が「NGT48の原点とも言える大切な曲」と紹介したのは「Maxとき315号」。

この日の公演に出演していなかった研究生もステージに登場し、NGT48全メンバーでパフォーマンスして初日公演を終えた。

最後の挨拶では、この公演でセンターに抜擢された清司麗菜が、「私たちはNGT48のことが大好きで、またみんなで一緒に前に進んでいくと決めました。新潟のみなさんに愛されるグループになりたいという夢を諦めずにファンの皆様と一緒に、そしてスタッフさんと一緒に、ここにいるメンバーみんなと一緒に少しずつ前に進んでいけたらと思っています。これからもNGT48の応援をよろしくお願いします」と語った。

また、卒業を発表している村雲颯香の卒業公演が831日(土)に行われることが、村雲本人から発表された。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事