FOLLOW US

UPDATE|2019/08/30

令和のグラビアクイーン・大原優乃が『月刊エンタメ』表紙に初登場

大原優乃 撮影/HIROKAZU

本日30日(金)発売の『月刊エンタメ』10月号に「第5回カバーガール大賞」を受賞し、各誌を席巻している大原優乃が初ソロ表紙&巻頭グラビアで登場する。


2018年に発売された雑誌の表紙をもっとも多く飾った女性タレントに送られる「第5回カバーガール大賞」を受賞し、10月11日には2冊目となる写真集の発売も決定している大原優乃。話題のドラマへの出演も相次ぎ、女優としての活躍も目覚ましい令和のグラビアクイーンだ。

今回のグラビアのテーマは「夏の終わり、一泊二日の小旅行」。水着から浴衣まで夏満載の姿を披露している。撮影時に収録したインタビューの一部を、『月刊エンタメ』掲載のグラビアカットとともに公開する。
     *     *     *
──2019年のカバーガール大賞に輝いた大原さんが本誌でも初表紙、初グラビアとなりました。

大原 グループアイドルの皆さんがたくさん出られているENTAMEさんは、私はむしろ読んでいる側だったのでうれしかったです。ポージングとか表情も愛読者だからすっと頭に浮かぶものがありました。

──恐縮です(笑)! 数々の雑誌でグラビアを飾っている大原さんですが、撮影していて、とてもプロ意識が高いという印象を受けました。どういった意識で臨んでいるんでしょうか?

大原 雑誌によって、グラビアの色が違いますし、そこに合わせて自分を落とし込んでいくことは意識するようにしています。今日はポートレートっぽい空気感だったので、構えないで自然体でできたと思います。

──グラビアのときも女優業のように役作りを行っていく?

大原 そうですね。でも、私、お仕事以外では水着を着たことがないので、水着を着た時点で自分じゃない別の誰かになれるというか。その時点で気持ちが入る感じですね。あとは、カバーガール大賞を頂いて、毎回表紙を飾らせて頂けることはすごくうれしいんですが、反面、プレッシャーも感じていて。表紙を飾るということは、例えば漫画誌だったらその雑誌で描いている漫画家さんの思いも、ある種背負うものだと思うので……。だから、いつも雑誌の売れ行きを聞いちゃいますね(笑)。「あの号は売れましたか?」とか。

(インタビューの完全版は『月刊エンタメ』10月号をご覧ください)

▽大原優乃(おおはら・ゆうの)
1999年10月8日生まれ、鹿児島県出身。154センチ。A型。昨年来、各漫画誌の表紙を総なめに。第5回カバーガール大賞では総合1位を受賞するなど、今一番フォトジェニックな存在。2019年10月11日(金)に大原優乃2nd写真集(タイトル未定)が発売決定。
Instagram:@yuno_ohara
Twitter:@yuno__official
公式ブログ
ファンクラブ「you&ゆー」

▽「月刊エンタメ」10月号 通常版
※『月刊エンタメ』10月号は大原優乃が表紙の<通常版>とNMB48が表紙の<特別編集版>が発売されています。
大原優乃
表紙:大原優乃
付録:クリアファイル(大原優乃)/小冊子(乃木坂46 Photo Book)
定価:780円(税込)
発行:徳間書店
Amazonはこちらから
セブンネット(限定特典付き)はこちらから
セブンネット(特典無し)はこちらから

※表紙/付録 以外の内容は特別編集版と同じです。
CREDIT

撮影/HIROKAZU

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事