FOLLOW US

UPDATE|2019/09/12

デジタル声優アイドル・22/7「アイドルとアニメ、どちらのファンの方にも愛してもらいたい」

左から白沢かなえ、宮瀬玲奈、花川芽衣、涼花萌 撮影/河野優太

秋元康がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み、総合プロデュースするデジタル声優アイドル、22/7(ナナブンノニジュウニ)が今年、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」に初出演を果たした。アニメ映像とシンクロするという他のグループにはない独特なステージを披露し、会場を盛り上げた。フェスの出演経験もあまりないという彼女たちが感じた、アイドルフェスならではの熱気とは。


──22/7、通称・ナナニジがどんなグループなのか紹介してもらえますか?

白沢 22/7は秋元康先生プロデュースのデジタル声優アイドルグループです。11人の生身のメンバーだけでなく、それぞれ11人のキャラクターを担当していて、声優も務めさせていただいております。9月で活動2周年を迎えて、1月からはTVアニメもやらせてもらいます。

──今年から定期公演「ナナニジライブ」も始まるなど、ライブパフォーマンスの力も上がってきた中で、今年TIF初出演でした。

宮瀬 グループで目標に掲げていることに「アイドルとアニメ、どちらのファンの方にも愛してもらえるグループになりたい」というのがあって、TIF出演はアイドルとして目標に掲げていることだったので、決定したときは本当にうれしかったです。

──TIFのステージは定期公演とは雰囲気違いましたか?

涼花 お客さんの熱気がすごかったです。私たちだけのライブではファンの方がゆっくりノる曲でも、TIFのお客さんは曲を知らなくても手をのばして盛り上がってくれて「アイドルファンの人って優しいんや!」って思いました。対応力が早い!

花川 私はステージに立つ前に決めていたことがあって、お客さんに1人でも多く手を振って、目を見て「来てくれてありがとう」って気持ちを伝えようと思ってたんです。うまくできたか分からないですけど、1人でも多くの方がファンになってくださったらうれしいです。

CREDIT

取材・文/大坪ケムタ 撮影/河野優太

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事