FOLLOW US

UPDATE|2019/09/16

AKB48 “劇場の女神”村山彩希「王道じゃないことをするレアキャラでいたい」

村山彩希 撮影/佐賀章広



──ツアーの盛り上がりなどを見ていて、手応えは感じていますか?

村山 広島の夜公演がめちゃめちゃ盛り上がったんです。ファンの方が中心になって盛り上げてくれているのか、それとも私たちの団結力的なものが届いている結果なのか、分からないんですけど……どうなんですかね? スマホでの撮影タイムを設けているから、それが拡散されているのかな?

──このメンバーを中心にAKB48を盛り上げようという思いが届いているんじゃないですか。広島のツアーの翌日のTIFではそういう思いを感じました。だから、その根本はどこにあるのかなと思ったんです。

村山 やっぱり時間を共有していることだと思います。例えば、なるちゃん(倉野尾成美)とも仲よくなったんですけど、それも同じステージに立てば立つほど、相手のことをどんどん深く知ることができるから、ですよね。新幹線の移動のとき、なるちゃんと隣になったことがあったんですけど、なるちゃんが私にぐいぐい質問してきて。「何でいつも総選挙に出ないんですか?」とか(笑)。長時間しゃべることで、お互いに似ている部分があるなって気づいたりもするし。そういったことの積み重ねが他のメンバーともできているということなのかもしれません。

──チーム4でのツアーも近づいてきました(すでに終了)。セットリストはどのようにして決まりましたか?

村山 私が決めることになったので、頑張って考えたんですけど、どうすればいいかなとかなり悩みました。峯岸チーム4(かつての、峯岸みなみ率いるチーム4)みたいなチーム4感にするのか、それとも今の自分たちに合ったものにするのか……。今の4ってみんなの年齢も高くなってきているから、数年前の4っぽさがなくなってきているんです。結局は以前の4っぽさを選択しました。

CREDIT

取材・文/犬飼華 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事