FOLLOW US

UPDATE|2019/09/12

NMB48 川上千尋&小嶋花梨&安田桃寧「山本彩さんのチームを超えられるように」新体制始動から半年を語る

左から川上千尋、小嶋花梨、安田桃寧 撮影/武田敏将

2018年11月にキャプテンであり絶対的エースであった山本彩が卒業し、今年1月1日に発表されたNMB48の新チーム体制。3月の始動から早半年が経ち、それぞれのチームカラーや、公演での魅力が明確になってきた。川上千尋(チームNキャプテン)、小嶋花梨(チームBIIキャプテン)、安田桃寧(チームMフロントメンバー)の3人が、それぞれのチームの現状を語る。


──NMB48は3月に新体制が発足。川上さんと小嶋さんはチームキャプテンとして半年活動してきたわけですが、いかがでしょうか?

川上 慣れないものですねぇ~。私は同期の中でも妹キャラっぽい立場だったし、まとめるということをしてこなかったので、余計にキャプテンという役職は慣れないです。ただ例えば、普段はおちゃらけているように見える武井紗良ちゃんが実はめちゃめちゃ周囲に気を配っているとか、キャプテンになったことで見えてきたメンバーの新たな一面もありました。

小嶋 最初は私の優柔不断が原因でチームのみんなもどう進んでいいか分からない状況で、雰囲気はあまり良くなかったんです。でも、全員の意見をすべて取り入れるのは不可能だし、誰かが「こうします!」と決めなきゃ前には進めないんだと気付いたので、今は思い切って自分で決断するようになりました。今ではリハーサルなどもテンポ良く進められるようになったなと思います。

──一方安田さんは、キャプテン・渋谷凪咲さんの下でチームMとして半年間活動してきました。

安田 凪咲さんって以前は「みんなの意見について行くね」という感じだったんですよ。それが今回キャプテンという立場になられて、凪咲さん自身の意見をたくさん言ってくださるようになりました。例えば今行なっている「誰かのために」公演は、凪咲さんの中のイメージだと“京都”らしくて。古風だけど洗練されていて新たなお客さんも受け入れる、そんな公演にしようという話をされて、私も凪咲さんについて行こうと思いました。頼りにしています!

──3チームとも違った個性があると思うのですが、それぞれのチームの魅力や売りを紹介していただけますか? まずはチームNから!

川上 Nはまずフロントメンバー(吉田朱里・村瀬紗英・太田夢莉)が強い! しかもその3人がリハーサルから一切手を抜かない姿勢を見せてくれるので、チーム全体としても切磋琢磨できる環境が整ったチームだなと思います。

小嶋 確かに。Nはムラなく全部を完璧にできるチームというイメージがあります。

安田 パフォーマンスもそろっていてかっこいいし、誰1人手を抜いていないというのが伝わってきます! あとNは公演前に動画をアップしていたり、SNSを使ったアピールをしているところはMも真似したいなと思いました。

CREDIT

取材・文/左藤豊 撮影/武田敏将

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事