FOLLOW US

UPDATE|2019/09/09

ラストアイドル、史上最高難度ダンスを語る(前編)「泣きながらマネージャーに中止を求めたことも」

左から町田穂花(2期生)、池松愛理(Good Tearsリーダー)、阿部菜々実(Laluce)、長月翠(Laluce、シュークリームロケッツ兼任)、奥村優希(2期生アンダー) 撮影/石塚雅人


長月 自分としては、「長月翠=なんでもできる人」みたいなイメージでいきたかったんですよね。それで言うと、今まではある程度ごまかせていたと思うんです。ただ、akane先生は甘くなかった(笑)。いきなり見破られましたから。

──番組でも「長月は顔でごまかしている」とakane先生から鋭く指摘されていました。

長月 あの瞬間、私の19年が音を立てて崩れていきました(笑)。実力がないんだから、踊れない。踊れないんだから、顔でごまかすしかない。そう考えていたんですけどね……。

池松 でも、みんな初日から見透かされていたよね。すごい方が来たなって驚いたもん。

長月 「長月は詰めが甘い」とか、言うことが全部当たっているんです。もう返す言葉もございません(苦笑)。

──長月さん以外のメンバーは、どこで苦労しました?

池松 ラストアイドルファミリーって、それぞれが自分が所属するユニットを持っているんです。たとえば私はGood Tearsですし。それで今まではユニット同士でバトルしてきたけど、今回は個人戦になったんですね。やっぱりそこでいろいろ考えちゃいましたよ。同じGood Tearsのメンバーですら、ライバルになるわけですから。

──そういうものですか。「みんなで力を合わせて頑張ろう!」と全員で団結しているのかと思っていました。

池松 そういう面もありますけど、A・B・Cとランク付けもされますしね(※番組内で開催したダンス審査でメンバーをA・B・C3つのランクに振り分けた)。それに同じユニットからCのメンバーが出ると、いろいろ考えちゃいます。Cグループは2期アンダーの子ばかりで、その中で頑張っている姿を見ると……本当に複雑な気持ちでした。

──できないメンバーが苦労するのはわかるんです。でも、池松さんはダンスが得意ですよね。それでも大変だった?

池松 めちゃくちゃ大変でした。なぜかと言うと、やっていることがアイドルのダンスじゃないからです。私はアイドルになる前、ダンス漬けの毎日を送っていたんですね。3歳からずっとダンサーとして踊っていましたし。だから身体もムキムキで肩幅も広かったんですけど、アイドルの衣装って華奢な体形じゃないと似合わないんですよ。それでアイドルになるとき、筋肉を落としたんです。身体がアイドル仕様になっているところに、もう一度ダンサー時代の動きを求められるというのはつらかったですね。

阿部
 そういう悩みもあるのか……。
AUTHOR

小野田 衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事