FOLLOW US

UPDATE|2019/09/09

ラストアイドル、史上最高難度ダンスを語る(前編)「泣きながらマネージャーに中止を求めたことも」

左から町田穂花(2期生)、池松愛理(Good Tearsリーダー)、阿部菜々実(Laluce)、長月翠(Laluce、シュークリームロケッツ兼任)、奥村優希(2期生アンダー) 撮影/石塚雅人


──そもそもA・B・Cとクラス分けしたのはどういう意味があったんですか?

長月 特に難易度が高いパートは、Aの子が踊ることになっているんです。イントロはAとBしか踊っていませんし。

池松 それとakane先生曰く、AやBのメンバーがCに教えるという意味もあったみたいです。実際、最後のほうはCのレベルもAにどんどん近づいていた気がするんですよ。

奥村 私、最初のクラス分けではCだったんです。だけどAの阿部さんから丁寧に教わったことで、最後は自分もAに上がることができました。阿部さんって決して口数は多くないんですけど、みんなが自然と「ついていきたい!」って思えるようなオーラがあるんですよね。私たちからすると、ピラミッドの頂点にいるような真のカリスマだなって思います。

阿部 そんな、やめてください(笑)。

──「成長がすごい」という意味で安田さんの名前が挙がりましたが、改めて「ダンスが上手い」と感じたメンバーはいますか?

町田 (前のめり気味に)池松さん! 池松さんは本当にすごいです! 単純に上手いというだけじゃなく、どうしたら自分が一番よく見えるか理解している気がするんですよ。表現力があると言えばいいのかな? 私も見習いたいなと思ったし、何度も見ていて感動しました。

長月 わかるな。「身体に表情がある」という感じだよね。同じ振り付けをしていても、身体に表情がある子とない子がいるんです。

町田 そうそう。だから池松さんはステージでも人の目を引くんですよね。

池松 うわ~、ホントにうれしいな。今聞いた言葉を大事にしながら生きていこうっと(笑)。

(後編「誰の真似でもない、ラスアイならではのものを作りたい」はこちらから)



▽ラストアイドル 7thシングル「青春トレイン」(Virgin Music)
9月11日にリリースされるラストアイドル7枚目のシングル。センターを阿部菜々実が、Bメロのセンターを米田みいなが務める。
AUTHOR

小野田 衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事