FOLLOW US

UPDATE|2019/09/09

津軽弁でブレイク!りんご娘・王林「TVに出始めた頃は、笑われている理由が理解できず悩みました」

(RIONGOMUSUME)りんご娘に所属する王林(おうりん)

青森のご当地アイドル、(RIONGOMUSUME)りんご娘に所属する王林(おうりん)が話題になっている。昨年出演した「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ)で津軽弁と天然キャラに注目が集まると、「ヒルナンデス」「今夜くらべてみました」「ダウンタウンDX」などに出演、一気に全国区の知名度を獲得した。



テレビに出演し始めた当初、その名前からSNS上では「中国人?」などの書き込みもあったが、青森出身の日本人。王林という名前はりんごの品種からきている(所属するりんご娘が青森の魅力をPRすることを目的としているため他のメンバーも「とき」「ジョナゴールド」「彩香」と全員名前はりんごの品種)。

「ENTAME next」では彼女に直撃インタビューを敢行。アイドルになったきっかけから、普段のこと、将来の目標まで、“ド天然”のヴェールの下に隠されている、パーソナルに迫った。

     *     *     *

──最近になって頻繁にバラエティ番組でお見かけする王林さんですが、活動歴は意外に長いとか。どういうきっかけでアイドルになろうと思ったんですか?

王林 え〜と、そもそも私ってアイドルになりたいって考えたことは一度もないんですよ。アイドルじゃなくて、モデルがやりたかったんです。だけど、小さい頃ってモデルのなり方もわからないじゃないですか。それでとりあえず今の事務所のオーディションを受けたんですけど……気がついたら、こんなことになっていました(笑)。

──モデルになりたいというのは、どういう考えから?

王林 子供の頃から、おしゃれが好きだったんです。それで、あるときに青森のほうでファッションショーを見たんですよ。ファッションショーといっても、小さな規模のもので、ショッピングモールの中にランウェイを作ってやっていたんですけど。でも子供だった私には、おしゃれをしているお姉さんたちがすごくキラキラして見えたんです。「いいな。私もあんなふうになりたいな」って。モデルになりたいと思い始めたのが幼稚園。小学校に入るとその思いがますます強くなり、小3のときに今の事務所を受けたという流れです。

──りんご娘にはアルプスおとめという妹分ユニットがありますが、王林さんも最初はアルプスおとめのメンバーになった?

王林 そうですね。今はアルプスおとめのさらに下にリーフという練習生がいるんですけど、私のときはいきなりアルプスおとめに入る感じでした。

──となると、当時の王林さんはりんご娘本体への昇格を目標に頑張っていた?

王林 いや……失礼かもですが、りんご娘になりたいとはあまり思っていませんでした(苦笑)。別にアイドルになりたかったわけじゃないので、そのときも「モデルのお仕事が来たらいいな」とか考えていたんです。それと、せっかくアルプスおとめに入ったんだから、このグループを大きくしていきたいという気持ちもありました。
AUTHOR

小野田 衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事