FOLLOW US

UPDATE|2019/09/17

乃木坂46・賀喜遥香、一人全国キャンペーン有終の美、涙で語った胸の内「最初は不安でしかなかった」【写真11点】

乃木坂46 4期生・賀喜遥香

乃木坂46 4期生の賀喜遥香が8月から行っている、24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」の一人全国キャンペーン。この最終章となる東北・北海道編が9月12日〜13日に実施された。



8月5日〜6日の大阪、滋賀、広島、愛媛、16日の愛知、9月3日の栃木、9日の福岡に続いて行われた賀喜の一人PR活動。9月12日はまず、仙台のKHB東日本放送にて朝の情報番組「突撃!ナマイキTV」にゲスト出演。

朝の生放送に一人で出演とあって最初こそ若干緊張気味だったが、宮城県出身の3期生・久保史緒里の話題や前回仙台を訪れたときに食べた牛タンのおいしさ、番組のために用意したイラストについてなど多岐にわたるトークが繰り広げられた。続いて仙台放送に移動した賀喜は、情報バラエティ番組「あらあらかしこ」のコメント収録に挑む。彼女はここでも、宮城県をイメージしたイラストを即興で描き上げ、その完成度で番組スタッフを驚かせた。

仙台でのテレビ収録がひと段落すると、福島・郡山へ移動。初めて福島県を訪れた賀喜は、ふくしまFMと福島中央テレビにて番組収録に臨んだ。ふくしまFM「RADIO GROOVE」では、パーソナリティと乃木坂46の話題や、女性同士ならではの美容や髪のケアについて語り合い、「impress」では食欲の秋にちなんでスイーツについて思いの丈を語る。また、福島中央テレビ「二畳半レコード」でのコメント収録では、「夜明けまで強がらなくてもいい」の曲紹介のみならず、福島の名産品に興味を持っていることも明かされた。

短い滞在だった郡山を離れ、再び仙台に戻った賀喜はTBCラジオを訪問。「あっつあつ らじお」インタビュー収録で一人全国キャンペーンの感想を述べたあと、「NewNews」の生放送にゲスト出演し、終始笑いの絶えないひとときを過ごした。

そして、場所を仙台駅前に移し、MMT ミヤギテレビ「OH!バンデス」の生中継にゲスト出演。数百人もの観覧客が集まる中、賀喜は自身が写る「夜明けまで強がらなくてもいい」Type-Bのジャケットを模写したイラストを披露し、「このイラストで気になった方は、ぜひCDのジャケットもチェックしてみてください!」とメッセージを送った。最後に深々とお辞儀して、そのままDate fmへ移動し、この日最後の生放送となる「SOUND GENIC」に出演。

公開放送形式となっていることもあり、ラジオブース前には大勢のファンが駆けつけ、賀喜にエールを送り続ける。そんなファンに向けて手を振るなどして感謝を伝える賀喜は、自身の声が乃木坂46加入前はコンプレックスだったこと、それが今では大きな個性になっていることを明かした。さらに、影響を受けたアーティストとして乃木坂46の先輩メンバーを挙げ、「早く追いつきたい」と前向きな意気込みを語った。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事