FOLLOW US

UPDATE|2019/09/20

「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」地方公演完全レポート! メンバーが語った “あべこべな世界”の真実

「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」東京ドーム公演 撮影:上山陽介


ダンスパート後、大きなデジタル時計が上空から降りてきて『Student Dance』が始まる。MVでは、タイマーの時間が増えて行く演出の『Student Dance』だが、今回ではカウントダウンのように時間が減っていく。『東京タワーはどこから見える?』では東京タワーの映像が逆さまに映し出されるなど、これもまた“あべこべ”な世界の影響である。

ラジカセがステージに再び現れ、物語は急変する。そのラジカセから流れてきた言葉なのか、スクリーンには意味深なメッセージが流れた。

「ヒトリヘヤカラデタミタイダネ アノコハキミタチノナカマカナ?」

その意味を理解できないうちにスタートした『君をもう探さない』。中盤に上村莉菜がメンバーとは離れた位置から1人扉を開けて出てくる。そう、彼女こそがメッセージが意味する部屋から出た子だったのだ。

上部ステージで踊るメンバーたちと、下部ステージで1人踊る上村。最後には大きなシャボン玉が降ってきて上村が手を伸ばす。その光景は儚くも、どこか美しさを感じさせていた。

『もう森へ帰ろうか?』でも上村の物語が続く。外の世界のベンチで1人本を読んでいた彼女だったが、ふいに立ち上がり、鈴本に導かれるかのようにメンバーの元へ戻る。1人脱出したかに思われた上村だが、違う異世界に迷い込んだだけなのか、それとも仲間たち全員で脱出することを選んだのか。答えは分からないままだが、彼女が“仲間”であることは間違いない。その後パフォーマンスされた『キミガイナイ』も、いなくなってしまった上村への悲しみと、戻ってきた喜びを歌っているかのように思えた。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事