FOLLOW US

UPDATE|2019/09/22

デジタル声優アイドル22/7、デビュー2周年ライブで全身全霊パフォーマンス【写真15点】

マイナビBLITZ赤坂で行われた「Anniversary Live 2019」

秋元康総合プロデュースのもと、Sony MusicとANIPLEXがタッグを組んだデジタル声優アイドルプロジェクト「22/7(ナナブンノニジュウニ)」が9月20日(金)、マイナビBLITZ赤坂にて、デビュー2周年を記念した「Anniversary Live 2019」を開催。



その内容は、最新の4thシングル「何もしてあげられない」から、デビュー曲「僕は存在していなかった」へと遡っていくかたちで、これまでにリリースした全18曲を、MCナシ、ほぼノンストップで歌い踊るものとなった。

さらに、2020年1月放送開始となるTVアニメ『22/7』の第1弾PVを上映し、第1弾キービジュアル、メインスタッフなどの新情報を解禁。9月25日には、AbemaTVにて「TVアニメ放送決定記念特番」が実施されることや、また、グループの結成日である12月24日に、単独では最大規模となるZepp DiverCityで「Birthday Event 2019」を行うことを発表し、次なる目標へ向けた意気込みを語った。

22/7の物語に、新たな“はじまり”を刻んだ一夜をレポートする。

     *     *     *

残り3人の演じる役がサプライズ発表され、声優とキャラクターの「22人」で歩み始めた日から、ちょうど1年。1曲目は、メンバーがファンとともに勝ち取ってきたものを象徴する、初めての11人歌唱によるシングル表題曲「何もしてあげられない」だ。スクリーンに映る強いまなざしのキャラクターたちを背に、群像劇を思わせるパフォーマンスを堂々披露。

「みなさーん! 22/7のアニバーサリーライブへようこそ! 最後まで、私たちと一緒に楽しむ準備はできていますか?」

そんな煽りにペンライトを振って応える客席の誰が、この先に待ち受ける展開を予想しただろうか? 時計の針は、すでに過去へとさかのぼり始めている。ここから彼女たちは、最新のリリースから逆順に、持ち歌の18曲をほぼノンストップで披露していくのだ。

ライブ初披露となった「とんぼの気持ち」は、メンバー全員が一つの有機的な塊となってゆらゆらと揺れる様で惹きつけたかと思いきや、クライマックスのフリーダンスで、牧歌的なメロディからは想像もつかない激情をほとばしらせ、一人として同じ生き様などないことを感じさせるのだった。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事