FOLLOW US

UPDATE|2019/10/22

欅坂46 キャプテン・菅井友香「今はグループがもっと良くなる大事なとき」

菅井友香 撮影/佐藤佑一

初の東京ドーム2days公演も終え、夏の全国アリーナツアーを駆け抜けた欅坂46。デビューから約4年、様々な試練や困難にぶつかりながらも、先頭に立ってそれを乗り越え、常にグループを牽引してきたのが、キャプテン・菅井友香だ。誰よりも欅坂46を思う彼女が、仕掛けがふんだんに盛り込まれていた夏の全国ツアーを振り返ったインタビューを『月刊エンタメ』掲載のグラビアカットとともにお送りする。(『月刊エンタメ』11月号掲載インタビュー)


──今回のツアー公演はストーリー性の強い内容でした。


菅井 曲によっては振りや映像が逆さまになったり、『エキセントリック』は出口がぐるぐると繋がっていたりと、1曲1曲、テーマに沿って細かい部分までこだわって作っていただいたとお話を聞きました。

──見所の多い演出ばかりでしたが印象に残った演出はありますか?

菅井 シーンごとに、演技をするところがあったので、そこは「リアルに自分がこの世界にいたらどうするかな」と細かく考えてやりました。私と土生(瑞穂)ちゃんは元々知り合いという設定だったので、ステージ上では気を失っている土生ちゃんのところに駆け寄って「ねえ起きて」って演技したり。逆に、『語るなら未来を…』で土生ちゃんがセンターに行くときは、私に「ちょっと行くわ」みたいな仕草をしていて。

──ストーリーの中に、それぞれのキャラクターがあったんですね。

菅井 はい。例えば、なーこ(長沢菜々香)は興味なさそうにずっと寝ていたり、ゆいぽん(小林由依)は人には無関心とか、それぞれ細かく決められていたんです。

──そんな菅井さんですが、『大人は信じてくれない』ではセンターでパフォーマンス。鬼気迫るものがあり、圧倒されました!

菅井 いやいや(笑)。『大人は信じてくれない』は自由な振りが多いので、逆にそれをどう表現していいのか難しくて。毎回悩んでダンサーさんやTAKAHIRO先生にアドバイスをいただきながら試行錯誤してやりました。それに、ライブ中は2期生の感情を爆発させて叫んでいる声が聞こえてきて、パワーももらったんです。そもそも、てち(平手友梨奈)の代わりに、自分が『大人は信じてくれない』のセンターをやらせていただけるとは思っていなくて。自分の中では大きな挑戦でした。もしかすると驚いた方もいらっしゃると思います。でも、そういう欅坂46の一面も「いい」と思ってもらえたらうれしいなと思ってパフォーマンスさせていただきました。

CREDIT

撮影/佐藤佑一

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事