FOLLOW US

UPDATE|2019/09/27

日向坂46が初のSSA公演で2万人とかけた“幸せの虹” 主演ドラマも発表【画像19点】

日向坂46 3rdシングル発売記念ワンマンライブ(さいたまスーパーアリーナ)

日向坂46が26日(木)、初のさいたまスーパーアリーナ単独公演を開催した。これは10月2日(水)に3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」をリリースすることを記念して行われたもの。会場には躍進を続ける彼女たちの久々のワンマンライブを目撃しようとおよそ2万人が集結。映画館でのライブビューイングも行われ、日本全国にライブの模様が届けられた。



「OVERTURE」が流れると同時に、場内は一面、日向坂46カラーである水色のペンライトで埋め尽くされた。期待が高まる中、メインステージ上段に現れたメンバーは「ドレミソラシド」でライブをスタート。銀テープが勢いよく噴射され、きらびやかな幕開けとなった。

キュートな振り付けを元気いっぱいに披露したメンバーは、佐々木美玲の「さいたまスーパーアリーナ、行くぞー!」という掛け声を合図に、トロッコに乗り込みアリーナへ。観客のすぐそばを通りながら「ひらがなで恋したい」を歌い、会場の熱気をぐんぐん高めていく。

序盤から大盛り上がりの観客を前に、キャプテンの佐々木久美は「さいたまスーパーアリーナにやってきました! 皆さんすごいですね、盛り上がりが!」と驚きつつ笑顔を見せる。彼女が「全国で見てくださっている方がいるので、今日はとっても素敵な思い出をみんなで一緒に作りましょうね」と呼びかけたあと、潮紗理菜は「久しぶりのワンマンライブということで、とっても楽しみにしていました。今日一日しかないので、皆さんといっぱい楽しみたいと思います」と挨拶。松田好花が「皆さんがすごい笑顔で、私までテンション上がりました! 今年イチ汗かきたいと思います」と宣言すると、唯一の三期生メンバーである上村ひなのは「とにかく楽しい楽しいライブにしましょう! がんばります」と意気込んだ。

凛々しい表情で「ときめき草」を歌唱したあとは、けやき坂46時代の代表曲の1つでもある「期待していない自分」をパフォーマンス。佐々木美玲がメインステージに設置された階段から花道まで切ない表情で疾走すると、観客のコールは一段と大きくなった。

新曲ライブ初披露

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事