FOLLOW US

UPDATE|2019/09/30

SKE48が「AICHI GIRL'S EXPO 2019」に総出演、新世代ユニット「カミングフレーバー」初お披露目【写真39点】

(C)中京テレビ


イベント内で行われた「AICHI GIRL’S UNIT 歌唱王選手権」では各ユニットから代表が1名ずつワンコーラスを歌い、王座を競い合った。SKE48からは野島樺乃がJUJU「やさしさで溢れるように」を披露。会場の応援の後押しの中、見事愛知県のGIRL’Sユニット歌唱王に輝いた。野島は、「みなさんのおかげでとても気持ちよく歌うことができました。ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べた。

ファイナル・アクトにはSKE48が今度は64名全員で登場。1stシングル「強き者よ」をフルメンバーで力強く、2ndシングル「青空片想い」は7期生以降加入のメンバーでキュートに、8thシングル「片想いFinally」はドラフト1期生までのメンバーで圧倒的パフォーマンスを見せつけた。

キャプテンの斉藤真木子が、1曲目「強き者よ」のMV撮影が会場隣のセントレア貨物地区で行われたと話し、「10年前からご縁があるということで、今日は10年経った私たちの成長をお届けできるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」と挨拶。

MC後はチームSが「放課後レース」、チームKIIが「誰かの耳」、チームEが「オレトク」、研究生が「夢の階段を上れ!」を次々に披露し、9月末でSKE48を卒業する北川綾巴と後藤楽々が二人で、「約束よ」を歌った。

後藤は、「最後の2日間をライブ、(翌日の)劇場公演で締めくくれるのは嬉しい」と語り、北川綾巴が「今までたくさんの応援ありがとうございました。これからもSKE48をよろしくお願いします」と感謝の気持ちを述べた。北川と親しい井上瑠夏、松本慈子、後藤と親しい野島樺乃、太田彩夏、菅原茉椰と共に「夕陽を見ているか?」を、次にオールメンバーで「仲間の歌」を会場とシンガロングし、二人の卒業にエールを送った。
SKE48
(C)2019 Zest,Inc.

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事