FOLLOW US

UPDATE|2019/10/19

元AKB48 小嶋菜月が語る “あの頃と今”「AKB48だからと大切にされていた外仕事が、正直心苦しかった」

小嶋菜月 撮影/松山勇樹



──卒業してから1年経って、心境の変化は?

小嶋 AKB48時代も楽しかったですけど、卒業してからの方が自分に余裕ができて楽しめるようになりました。AKB48にいながら外の現場に行くと「AKB48だから」と大切にされて、それが正直心苦しかったんです。今は小嶋菜月個人として接してもらえるから、必要以上に持ち上げられることもなくて、それがうれしいです。

──今のAKB48を見ていて思うことはあります?

小嶋 AKB48に対しては感謝しかないですね。あと、矢作萌夏ちゃん、めっちゃ可愛いなって。キャリアが短いのにセンターに立っている子を見ると、気になっちゃうというか、新鮮だなって思います。

──今、48グループでは昇格ラッシュの時期で、昇格できる、できないで悩んでいる研究生がいます。

小嶋 みんな同じ日に入ったのに全然昇格のタイミングが違うから、私も当時は昇格できないと落ちぶれた感じがして辛かった。でも逆に燃えてくださるファンの方もいたんです。今思えば、人生は長いし、いつのタイミングで昇格するかなんて分からないから、自分のできることを後悔のないように一生懸命やっていればいいんじゃないかなと思います。

──入って間もないメンバーには分からないかもしれませんけどね。

小嶋 私も当時理解するのは無理でした。でも先輩も同じことを言ってたんですよね。

──これからやってみたい仕事は?

小嶋 私は女優さんになるのが目標です。現実は甘くないと思いますけど、バラエティにも、CMにも出たいし、いろんなところで活躍できるようになりたいです。

──同期の川栄李奈さんみたいに結婚したりは?

小嶋 まわりが幸せに満ちあふれているので、結婚したい欲もありますし、子供も欲しいなって思うんですけど……。

──予定は立ってない?

小嶋 立ってないですよ! まだ卒業して1年なので。

──今後の活動予定は?

小嶋 10月5日にイオンモール幕張新都心で1日イベントのMCをやります(入場無料)。あと、YouTube「なっつんチャンネル」を始めました。そして舞台出演が決まりました! 浅草花劇場で行われる「おおばかものシリーズ第4弾~パン職人編~」に10月末から出演するので、ぜひ観に来てくださいね。

(取材・文/岡田隆志(スクランブルエッグ))

▽小嶋菜月(こじま・なつき)
1995年3月8日生まれ、千葉県出身。2010年、『ロンハー』の可愛い子を探す企画で田村亮から「芸能界に入ったほうがいい」と薦められ、AKB48に11期生として加入。2018年に卒業。現在はタレントとして活躍中。公式ブログ(https://ameblo.jp/kojima-natsuki/)
CREDIT

取材・文/岡田隆志(スクランブルエッグ) 撮影/松山勇樹

RECOMMENDED おすすめの記事