FOLLOW US

UPDATE|2019/11/14

フォロワー10万人のドール系美少女・村田実果子「16歳の誕生日までは家でアニメ『銀魂』を死ぬほど観ていた」

村田実果子 撮影/荻原大志

黒を基調とした衣装と、ダークな世界観で女性ファンも多いグループ、BLACKNAZARENE(ブラックナザレ)。メンバーの村田実果子はギャル系の読者モデルからメイド喫茶を経てアイドルになった異色の経歴の持ち主。アイドル活動を続ける一方、フォロワー数10万人超えの人気インスタグラマーとしての顔も持つ彼女に、アイドルを目指したきっかけを聞いた。


──小さい頃から芸能界に憧れはあったんですか?

村田 それほど憧れはなかったんですけど、小学生の頃から可愛い人を見たり、真似したりするのが好きだったんです。ませていたので小学生の頃から化粧をしていて、中学生になるとギャル雑誌を読むようになって、ウィッグを被って、つけまつげ付けて、カラコンもして(笑)。それを自撮りして、今で言うSNSみたいなものに載せていたら東京のギャル関係の事務所から連絡があって、中2で読者モデルをやるようになったんです。それでお仕事が入ると東京に行っていました。

──今の雰囲気からすると、ギャルの村田さんが想像つかないです。

村田 109の店員さんとかと比べたら、そこまでギャルではなかったですよ(笑)。でも、地元は田舎だったのでギャルがいなかったんですけど、読者モデルをしていると年上のギャルに可愛がってもらえて。一気に交友関係が増えたし、すごく楽しかったですね。

──今の感じになったのはいつ頃ですか?

村田 19歳ぐらいですね。染めたい髪色がなくなって、考えるのも面倒くさくなって黒髪にしたんです。髪が痛むのも嫌でしたしね。そのときにメイクも変わったんですけど、もともと服もギャル系ではなく、可愛いものが好きだったので根本は変わってないですね。小さい頃はセーラームーンになりたかったし、一貫してメルヘンっぽい非現実的なものが好きなんです。分かりやすく言うとティム・バートンの世界のような(笑)。

──分かるような、分からないような(笑)。先ほどSNSのお話が出ましたが、村田さんはインスタのフォロワー数が10万人以上いますが、昔から発信するのが好きだったんですか?

村田 そうですね。まだTwitterやインスタがない時代から、ブログやmixiをめちゃめちゃこだわってやっていました。写真も今みたいな機能はなかったけど、出来る限り彩度やコントラストなどを調整してましたね。非現実っぽい存在になりたい、画面越しだったらセーラームーンになれる、みたいな気持ちでやってました。それを見てファンになってくれる女の子もいましたね。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/荻原大志

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事