FOLLOW US

UPDATE|2019/10/29

HKT48の次世代コンビ“いぶはる”「『あさりちゃん』は大好きで100巻まで集めました」

左から工藤晴香、石橋颯 撮影/佐賀章広

HKT48が誇る名コンビ、矢吹奈子&田中美久の“なこみく”の再来と名高いフレッシュな5期生コンビ“いぶはる”こと14歳の石橋颯と13歳の工藤陽香。2人の人となりを知るべく、コンビ名「い」「ぶ」「は」「る」にかけて、4つの質問に答えてもらった。


     *     *     *

◆まずはいぶはるの「い」。い=いつかとして、いつか行ってみたい場所は?

「いつかパラグライダーをやってみたいです!」と豪語するのは工藤陽香。「高いところ嫌いなんですけど、そういうのがやりたいんです」「宙を舞ってみたい!」と前のめりな工藤に対して、「絶対高いところ嫌いじゃないでしょ」と石橋颯は苦笑……。そんな石橋は「いつか、1日だけプールがある白雪姫が住んでそうな大きなお城に住んでみたいです。そして馬に乗りたい」と野望を語る。すかさず「馬は骨が固くてグラグラして怖いよ!」と工藤のツッコミが入るが……どうやら、工藤は阿蘇の観光地で乗馬体験があるとのこと。石橋は3歳の頃、福岡のとある施設でロバ乗りを体験したそうで、「小さい頃ロバに乗ったから、大きくなった今は、馬に乗りたい」と目を輝かせていた。

◆続いていぶはるの「ぶ」。ぶ=BOOKとして、好きな本・漫画は?

「『クレヨンしんちゃん』が大好きです」という石橋。アニメも好きで、幼稚園のときには絵本も読んでいたとか。その横で工藤が「昔の漫画なんですけど、『あさりちゃん』(室山まゆみ)って……」と言いかけた瞬間「きゃー! 面白い! 私も大好き!」と叫ぶ石橋。2人とも『あさりちゃん』を愛読していることが判明した。「私、昔は本が好きで、学校の図書館で本を借りた人の1位になったりして。『あさりちゃん』は、中古の本屋さんでいろいろ探してたら見つけて、なにこれ!ってなって」と工藤。「お姉ちゃんが『あさりちゃん』好きで、私も好きになって100巻まで集めました」と石橋。2人は、『あさりちゃん』は、あさりと姉のタタミ、ペットのうにょが喧嘩するシーンが面白くて大好きと熱弁。

◆続いていぶはるの「は」。は=博多グルメとして、おすすめの博多グルメは?

まずは、「筑紫もち!」と声を揃える2人。「あと明太子も! でもお母さんに明太子を毎日食べたいって言ったら、困ってました(笑)」と工藤。「通りもんも、めんべいも安定の美味しさだけど、いちごのわらび餅みたいなやつもすごく美味しい!」と石橋。「♪先生にはよ見せたか~! 先生にあげる前に全部食べてしもた~! ってCMのやつでしょ!?」と工藤はローカルCMのモノマネをはじめるも、最後まで商品名が思い出せなかった2人。(おそらく、あまおう苺入りわらび餅「博多あまび」のことだと思われる)

◆最後はいぶはるの「る」。る=ルックスとして、自分のチャームポイントは?

工藤は「バサバサまつげです!」と即答。「バサバサって言い方やだー。フサフサって言って!」と突っ込む石橋のチャームポイントはというと「米粒が耳たぶに乗るんですよ。前までは、米粒が乗りそうな耳たぶだったんですけど、この間試したら本当に乗りました。炊いてないお米ですよ」と、謎アピール。「いぶちゃんは、顔がツヤツヤなのにハイライト入れてる!」と突然工藤が暴露すると、「メイクってしたことがなかったからハイライトの使い方が分からなくて。でも5期生のみんなが使ってるから真似して買って……。最初は、顔を小さくみせるやつかと思って塗ってたら『顔がテカテカになっとるよ』ってみんなに言われました(笑)」と石橋。2人とも学校の校則で眉毛はケアできなくてボサボサだとか……。

(「OVERTURE」020号掲載 取材・文/関根弘康)


▽石橋颯(いしばし・いぶき)
2005年7月22日生まれ、福岡県出身。A型。145センチ。HKT48 5期研究生。ニックネームは「いぶき」。2018年11月26日開催のHKT48の7周年記念公演にてお披露目された。

▽工藤陽香(くどう・はるか)
2006年4月21日生まれ、福岡県出身。血液型不明。152センチ。HKT48 5期研究生。ニックネームは「はるちゃん」。2018年11月26日開催のHKT48の7周年記念公演にてお披露目された。
CREDIT

取材・文/関根弘康 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事