FOLLOW US

UPDATE|2019/10/28

ぱいぱいでか美が感じる、流動的なのに揺るぎないハロプロという存在「絶対に見ているうちに好きになる」

上段左からモーニング娘。'19、アンジュルム、Juice=Juice 下段左からカントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、BEYOOOOONDS


<BEYOOOOONDS>
前代未聞のグループですよね。初めて『眼鏡の男の子』を観たときの衝撃といったら、なかったですから。「なっ……何だ、これは!?」って唖然としました。でも、それはインパクトがあるということ。ここからさらに注目されるようになったら、一気に大ブレイクすると思います。

BEYOOOOONDSはアイドル系イベントにも積極的に出ているから、今までハロプロ現場にいなかったタイプのファンも獲得しているんですよ。ライブアイドルのファンというのは、評価軸がライブだから、自分の目で実際に動いているところを見ないと納得しない。そういう人たちに確実に刺さったということだと思うんです。最初は「変な芝居が始まったな」と思って眺めていても、パフォーマンスのクオリティはハロプロだから当然高い。結果、「変なグループ。でも面白い!」ということになっているんじゃないかと。

【このメンバーに注目! 前田こころ】
男装しながら学ラン姿で頑張っていますけど、内面はすごく女の子っぽいところがあるんです。普段の私服姿とか研修生時代の発言を見ると、「本人は今の現状をどう思っているのかな?」って気になることはありますね。だってハロプロ研修生時代のライブMCでおばけの話が出たとき、具体的なエピソードはまだなのに「おばけ」という単語だけで泣き出しちゃうような子なんですよ!? 可愛すぎる……。

と、思えば、平井美葉ちゃんがキャーキャー言われ始めたときにはブログでイケメン自撮りを載せて「こころくんのことも忘れないで」と言っちゃう。前田こころちゃんに関してはいろんな面を見ていくとより魅力が伝わるかなと思います。

▽ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ)
1991年5月3日生まれ、三重県出身。名前は突拍子もないが、音楽やバラエティ番組に出演するだけでなく執筆業なども行うマルチタレント。稼いだお金は大体ハロプロに使っている。
Twitter:@paipaidekami

(取材・文/小野田衛)

※10月6日に公開した記事<ぱいぱいでか美が語る『絶対に好きになる』ハロプロ7グループの魅力>は、不完全な状態で公開してしまいました。読者の皆様、関係者の皆様にはご迷惑をおかけしました。本記事は当該記事を修正したものです。
CREDIT

取材・文/小野田衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事