FOLLOW US

UPDATE|2019/10/30

SKE48斉藤真木子&HKT48田島芽瑠『仁義なき戦い』を語る「総選挙で1位になるのは山守義雄だと思う」

左から斉藤真木子(SKE48)、田島芽瑠(HKT48) 撮影/佐賀章広

実録映画の金字塔『仁義なき戦い』がAKB48グループによって舞台化される。11月9日(土)から24日(日)まで博多座で上演される舞台で、映画でも人気のキャラクター山守義雄をWキャストで演じるのがSKE48の斉藤真木子とHKT48の田島芽瑠だ。ずる賢く、利にさとい、変わり身の速さで任侠世界をサバイブする山守義雄役にアイドルの二人はどう挑んだのか。話を聞いた。



──まず『仁義なき戦い』を舞台化すると聞いた時、どう思われました?

田島 48グループって今までプロレスやヤンキーとか意外性のある題材に取り組んできたので、「ここまで来たか!」とは思いましたが、そこまで驚きはなかったです。

斉藤 私は発表になる前に親が観ていたのは知っていたので、決まったあとに父に電話をしたらすごく喜んでくれて。決まってから全シリーズを観ました。これが同じ日本で昭和の時代にあったことだと考えるとかなり怖いなと思いました。作品自体は荒々しくて展開も早くて。

田島 かなりスピード感がありますよね。

──お二人は、映画でもかなり重要な人物・山守義雄をWキャストで演じます。山守についてはどう思います?

田島 今回、映画を観る前は山守義雄という人を知らなくて。

斉藤 私も知らなかった。

田島 ファンの方は『仁義なき戦い』を知っている人が多くて、握手会で山守の情報をいっぱいもらいました(笑)。

斉藤 あはは。わかる、私のファンの方々もテンションが上がっている人が多かったかも。

田島 「ずる賢いヤツだけど、いい役だから」って言われました。

──ご自身で山守と似ている部分はありますか?

田島 それはないかも…。どちらかというとこんな大人にはなりたくない(笑)。泣いたと思ったら喜んでいたり情緒不安定だし、お金のことしか考えていないし、つく人はコロコロ変わる。本当にずる賢いので。

斉藤 たしかに。立場としては組織をまとめる組長と、グループをまとめるキャプテンは同じような部分もあるのかもしれませんが、山守みたいにはなれないです。
AUTHOR

林 将勝

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事