FOLLOW US

UPDATE|2019/10/29

STU48瀧野由美子『仁義なき戦い』を語る「若杉さんの兄貴分の貫禄は私にはない部分」

左:撮影/佐賀章広 右:若杉寛を演じる瀧野由美子 (C)AKS

実録映画の金字塔『仁義なき戦い』がAKB48グループによって舞台化される。11月9日(土)から24日(日)まで博多座で上演される舞台で、映画で若杉寛役を務めるのがSTU48瀧野由美子だ。山口出身で、広島弁のセリフも違和感なく受け入れられたという瀧野に『仁義なき戦い』への思いを聞いた。


──舞台が決まる前から映画『仁義なき戦い』を観たことはありましたか?

瀧野 テーマソングはなじみ深かったんですけど、映画自体は観たことがなかったです。

──ご家族の反応はいかがでしたか。

瀧野 うちの両親も観たことがなかったみたいなんですけど、『仁義なき戦い』がどうこうよりも、私が初めて舞台に出ること自体に「大丈夫?」って反応でした(笑)。

──実際に映画『仁義なき戦い』を観た感想は?

瀧野 たくさんセリフが詰まっていて、場面転換も早くて、何回も観て、ようやく理解が追いつきました。すごく熱い映画ですよね。これを舞台でやるとどうなるんだろうって思いました。

──自分が演じる役柄と自分が似ている部分はありますか?

瀧野 若杉さんは芯が通っていて、自分が正しいと思ったことに突き進みます。私も自分で決めたことは最後までやるタイプなので、そこは似ているのかなと思います。一方で若杉さんは兄貴分でずっしりと貫禄があって、そこは私にない部分なので、この舞台を通して学びたいですね。

──自分の役柄以外で惹かれたキャラクターは?

瀧野 坂井鉄也さんです。最後の最後までどうなるんだろうって結末が読めなくて、すごく気になる存在でした。

──映画で特に印象に残っているシーンは?

瀧野 若杉さんが撃たれるまでのシーンです。警察に追われて、布団の中に隠れるけど、照明が揺れていたことで中にいるのがバレて……すごくドキドキしました。



CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事