FOLLOW US

UPDATE|2019/10/31

AKB48岡田奈々『仁義なき戦い』を語る「アイドルの世界には仁義は必要だと思います」

岡田奈々 撮影/佐賀章広

実録映画の金字塔『仁義なき戦い』がAKB48グループによって舞台化される。11月9日(土)から24日(日)まで博多座で上演される舞台で主演の広能昌三役を務めるのが岡田奈々(AKB48/STU48)だ(横山由依とWキャスト)。岡田はファンの間では、常に全力投球、言動にブレがない筋道通った真面目なメンバーとして知られている。AKB48グループの中でも最も仁義を重んじていると言っても過言ではない彼女に『仁義なき戦い』への思いを語ってもらった。


──稽古前に映画『仁義なき戦い』を初めて観たということですが、率直にどう感じました?

岡田 内容が複雑すぎて、1回じゃ理解できませんでした。登場人物も多いですし、人間関係が入り組んでいるし、言葉遣いも特殊じゃないですか。広島弁もコテコテだし、任侠の世界特有の文化もあって。「どういうこと?」って最初は意味がわからないこともありました。

──そもそもアイドルが任侠をやるということ自体、ムチャ振りですから。

岡田 ただ、そこに関する抵抗感はなかったかもしれない。というのも、これまでも48グループってアイドルらしからぬことをたくさんやってきましたから。ヤンキー、キャバクラ、プロレス……。なので今回もとうとう来たかとは思いましたが、衝撃を受けたというほどではなかったです。

──STU48で活動しているから、広島弁に違和感はなかったのでは?

岡田 確かに広島弁に馴染みは深いんですけど、ディープさが全然違う(笑)。昔の話だから、おじいちゃん・おばあちゃんが使っているような広島弁だし、呉と広島ではまたちょっと違うらしいんですよね。STU48の地元出身者も「これは、ちょっと分からないね」って苦笑いしているくらいですから。広島弁を矯正してくれる先生もいるんですけど、今もかなり苦労しています。

──舞台の内容は、かなり映画を忠実に再現しているのだとか。

岡田 そうなんですよ。だからこそ、難しい部分はありますけどね。いつも私は演じるとき、その役になり切るところから始めるんです。だけど実在した人物に自分自身を置き換えるって、ものすごくハードルが高い作業で。しかもストーリー上、周りでは裏切りや妬みが渦巻いていて、仲間たちがどんどん死んでいく……。この世界観に本気で入り込むと、自分の心がつらすぎる(笑)。でも、そこで救いだったのは広能昌三という人物に共感できたこと。すごく不器用だけどまっすぐで、そこは私にハマるんじゃないかと思ったんです。

──愚直だけど誠実という意味で、広能と岡田さんは似ている気がします。

岡田 アイドルとしての岡田奈々もブレない生き方を意識していますし、ファンの方も私が演じる広能昌三に感情移入しやすいと思うんです。この作品は「仁義なき」とタイトルにもあるように、道理も仁義もない世界を描いているわけです。報われない話ですよ。そんな中で組織に入った広能は親父さんに忠誠を誓い、自分なりの正義を貫こうとする。私自身がAKB48に入ったとき、「よし、今から自分はここで頑張っていくんだぞ」と気合を入れたことを思い出しますね。いずれにせよ、私はアイドルの世界で仁義を貫き通したいんです。



CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事