FOLLOW US

UPDATE|2019/11/03

アイドルたちが涙の真っ向勝負「ライブスタイルダンジョン」に見たライブイベントの新たな形

10月3日(木)に新宿BLAZEにて行われた「ライブスタイルダンジョン vol.2」


「いやー、アメフラには負けましたね。鬼気迫るようなパフォーマンスだった。やっぱり、前回負けたのが結構悔しかったみたいですね。桜エビと戦ったときに歌った『STATEMENT』って楽曲も、自分たちの信じた道を突き進む的な曲だったんですよ。メンバーの気持ちも乗ってるように思えたし、勝つためにすごい準備してきたんだろうなと思いました。やられたって感じですよ」(同前)

前回チャンピオンの桜エビが、今回優勝できなかった理由についても聞いてみた。

「誰にどの曲を当てるかの選曲ミスが響きましたね。あと、さっき言ったように、今回桜エビは曲の幅を見せて勝つってことをしたかったんですよ。でも、そうは問屋がおろさなかったですね。僕はお客さんとかイベント全体のこと考えてしまったけど、やっぱり勝ち負けがイベントの核なら、勝ちにこだわった方がよかったなって今さらながら思います。2連覇しようとしてたのに、なかなかうまくはいかないですね」(同前)

どのグループにも勝つ要素はあったが、この日最高潮にベストなパフォーマンスを見せられたアメフラっシが勝利を収めた。これは、多くの観客も納得できたことだろう。イベント自体も、戦い終わってノーサイドといった爽快感すら感じることができた。

リアルな感情を込めた渾身のパフォーマンスのぶつかり合いは、ゲーム性もありプロレスや格闘技的な見方で楽しめたりとかなりの充実度。真剣勝負の「ライブスタイルダンジョン」が、アイドルのライブイベントの新たな切り口を見せてくれたのは間違いない。面白さたっぷりの「ライブスタイルダンジョン」は、次回の開催も計画されているという。

「来年あたりに次やろうって話は出ているんです。元々『ライブスタイルダンジョン』はスタプラのアイドルだけじゃなくて、アイドルシーンをもっと活性化させたくて始めたって主旨もあるんです。なので今回、アプガ(2)さんとmonogatariさんに出ていただいたんです。僕個人の意見としては、もっといろんなグループに出てもらいたいっていうのはありますね。あまり対バンに出ないグループ同士が戦ったり、例えば過去の関係性があって負けられない戦いがあるとかドラマ性が出たら面白くなるじゃないですか。でも、桜エビのマネージャーとしては、うちは脱スタダを掲げて対バンにもいっぱい出て戦ってきた自負があるんで。やっぱり負けるの悔しいから、次は勝ちにいきますよ」(同前)

アイドル界の活性化も視野に入れた「ライブスタイルダンジョン」。この先、さらに規模が大きくなっていったら、さらに面白いバトルが見られるかもしれない。可能性を感じさせるコンテンツとして、魅力溢れるアイドルたちのバトルがどのように発展していくのか期待したい。
アメフラっシ
アメフラっシ(10月3日に行われた「ライブスタイルダンジョン vol.2」より)
AUTHOR

土屋 恵介


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事