FOLLOW US

UPDATE|2019/11/05

『乃木坂工事中』阪口珠美の失敗を山下美月がフォロー、久保史緒里らは涙。同期の絆はやっぱり固い

アイドル番組定点観測 第38回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第38回となる今回の観測期間は10月28日(月)~11月3日(日)




3週に渡って放送された『乃木坂工事中』(テレビ東京)の企画「1カ月ぐらいでこれやります! 乃木坂46 みんなの目標発表会 2019」。奇跡を起こした田村真佑のビリヤードや驚異の身体能力を見せつけた清宮レイのトランポリンなど見どころ多数でしたが、11月3日(日)放送の完結編では阪口珠美のフリスビードッグが強いインパクトを残しました。……と言っても彼女の場合はチャレンジ後のやりとりでのことなんですが。

阪口が挑戦したのは「フリスビーキャッチ8回」。しかし悪天候の影響もあってか相棒・ベック(ボーダー・コリー)との息も合わず失敗。阪口は目を潤ませ、隣にいた山下美月が「(MCのバナナマン)設楽さん、もう一回やりませんか?」と懇願するも、設楽はドSを発動して「やりません」「ダメなんだよ」と頑なに拒否。その一部始終を見つめる大園桃子、久保史緒里、向井葉月らは涙を流し……ああ、同期の子たちがたくさん泣いてる! きっとみんな阪口が頑張っていたのを知っているんだろうなぁ。

オンエア本編だけ見れば設楽が超イヤな奴に見えたかもしれないけど、何だかんだ言いながら結局阪口に泣きの1回をやらせてあげているんだから(番組最後の提供バックで数秒オンエアされていました)やっぱりバナナマンも優しいんですよね。阪口は再挑戦でも失敗し山下ともども罰ゲームを受けることになりましたが、そのシーンも含めて乃木坂46・3期生の同期の絆に胸が熱くなった放送回でした。

ところで先週、アイドルがMCから手厳しい言葉を浴びる場面がもう一つありました。11月1日(金)放送『NMBとまなぶくん』(カンテレ)では、ひな壇のNMB48メンバーが皆積極的に手を挙げ発言する中、MCのかまいたちが「挙手制になってからまだ1回も挙げてない」「なんで挙げへんの」と梅山恋和を追及。結構ガチめの口調だったので少しヒヤヒヤしましたが、その後梅山はモンブランパフェの食レポをしっかりこなしてリベンジしていたのでホッとしました。頑張り過ぎたせいか、自分に聞かれていない質問に「そうですね」と答えてしまう場面もあったものの、それもご愛嬌!
AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事