FOLLOW US

UPDATE|2019/11/05

アプガ(2)が恵比寿ソロライブで見せた新たな一面「青春がライバル」【写真35点】

11月4日(月・祝)に恵比寿リキッドルームにて行われた単独ライブ

アップアップガールズ(2)(以降アプガ(2))が、11月4日(月・祝)に東京・恵比寿リキッドルームにて単独ライブ『アップアップガールズ(2) アオハル November』を開催した。11月12日に発売される初のアルバム『アオハル1st』から、新曲「パジャマDEタンテボー」や「ブルースカイブルース」をパフォーマンス。芝居やアカペラを初披露するなど、アプガ(2)の新たな一面を見せるステージが繰り広げられた。



公演中には、アルバムの売上枚数が2500枚に達成すると11月下旬に無料フルライブが開催されることがサプライズ発表。さらには、12月1日に東京・初台DOORSで年内最後の単独ライブ『アップアップガールズ(2) アオハル December』が開催されることも発表された。

大勢のファンが会場に詰めかける中、白と水玉柄の新衣装に身を包んだメンバー8人がステージに登場するとつんく♂サウンドプロデュース楽曲「Be lonely together」から勢い全開でライブはスタート。続けてヘドバンも飛び出すロックチューン「ワッチャウッ!!」で観客とともに強烈な盛り上がりを作っていく。

リーダーの高萩千夏が「待ちに待った恵比寿リキッドルームの単独ライブ。私たちめちゃくちゃテンション上がってるので、みなさんも私たちに負けないくらいこの空間を最高に楽しんでいってください!」と声を上げる。吉川茉優の「前にいるみなさんも後ろにいるみなさんも、アプガ(2)とアオハルする準備できてますか!」という声から、明るさマックスの「Sun!×3」を披露。ハードなダンスチューン「っていう初恋のお約束」など4曲連続で披露すると、会場は瞬く間に熱気みなぎる空間となった。

そしてMCコーナーでメンバーがトークを繰り広げたところ、突然タワーレコード代表取締役社長でありアプガ(2)が所属するT-Palette Recordsの代表でもある嶺脇育夫氏が登場。これまで彼女たちの先輩グループ、アップアップガールズ(仮)に数々の試練を与えてきた嶺脇社長だけに、メンバー8人も若干緊張気味。すると嶺脇社長は「今日は無茶ぶりじゃなく、お客さんにアプガ(2)の初アルバム『アオハル1st』の宣伝とお願いにまいりました。これまでのシングルほぼ全曲入ってる超気合い入ったアルバムなので、このアルバムをきっかけにアプガ(2)にブレイクしてほしいんです。そのためにはたくさんの方に聴いてほしい。特に今日来てるみなさんにぜひ広めてほしいんです」と声を上げる。

続けて嶺脇社長は「今回目標がありまして、今CD不況と言われてる中ですがまずはアルバムを2500枚売りたいと思ってます。売れたあかつきには、なんと11月下旬に無料のフルライブをタワーレコードが主催でやりたいと思います!」と、目標をクリアすることで無料ライブ開催を告げた。さらに「発売は来週の11月12日なんですが、実は今日CDを持ってきました! あるだけ持ってこいってことで500枚持ってきたので、今日の終演後に販売します!」とCDの入った段ボールをステージに運び、アルバムの超超先行発売を急遽会場で行うことを発表した。
アプガ

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事