FOLLOW US

UPDATE|2019/12/11

SKE48劇場支配人兼キャプテン・斉藤真木子、12年目の想い「変化を恐れずこれからも上を目指して」

斉藤真木子 撮影/武田敏将 

今年10月に劇場デビュー11周年を迎えたSKE48。11周年特別公演では冒頭から48曲ぶっ通しという異例のステージを成し遂げた。だが、そんな挑戦もSKE48支配人兼キャプテンを務める斉藤真木子から見ると、「悔しさが残る」という。彼女が見つめる、SKE48の姿とは。


──まずはSKE48の劇場デビュー11周年、おめでとうございます!

斉藤 ありがとうございます!

──11周年を迎えていかがですか?

斉藤 あっという間でしたね。特に10周年からの11周年まではめっちゃ早かったです。本当、何をやっていたのか、よく覚えていないくらいですからね(笑)。私自身、7月からSKE48の支配人になって、4年前にキャプテンになった頃に比べても、この1年は一番濃かったかなって。自分の時間はあまりなかったです。

──ご自身的にはスムーズにいくアイドル人生でしたか?

斉藤 思い描いていた人生では全然なかったし、いっぱい悩んだけど、そういう時期がなかったら今はないですから。私が昔考えていたのは、グループに入って2~3年アイドルをやって、卒業して次のステップにいくっていうアイドル像だったんです。でも、汗水流して、仲間と一喜一憂した10年の方が、今考えたら私にとっては意味があったなって思ってます。

──SKE48もこの11年間、いろいろありましたからね。

斉藤 一時期はお仕事があまりないような期間もありましたからね。だけど、今の状況が、上がりきったとは思いたくないので、まだまだみんなと上を目指して頑張りたいと思います。

──過去には、メンバー全員でナゴヤドームに立つという目標を達成していますね(2014年2月1日、2日)。

斉藤 グループに10年いる私が思うのは、その時々の時代のニーズに合わせて、目指す場所が違っていたのかなって。ナゴヤドームの夢って、当時の私にとっては、そこに立てるほどの経験をまだ積んでいなかったので、目標としては早いと感じていました。大阪出身の私からしたらナゴヤドームに立つことの大きな意味をそのときはまだ感じられていなくて。それに、もっと実力をつけてから立ちたいという気持ちもあったんです。もちろん、すごいことだと思うんですけど……。当時は、AKB48がドームツアーをやった影響もありましたよね。

──今もSKE48のメンバー全員で、ナゴヤドームに立ちたいと思いますか?

斉藤 そういう気持ちはあります。ただ、まだ立ったことがない後輩たちをナゴヤドームに立たせたいという気持ちはすごくあるけど、今の状況を考えるとそれは簡単なことじゃないのかなって。でも何かしらの目標を立てないと頑張れない部分もあるんで……。すごくもどかしさがありますね。

──支配人という立場で、11周年を迎えてどうですか?

斉藤 メンバーがいろいろな場所で活動できていることに関して満足です。でも、メンバーそれぞれの活動の内容を私がすべて把握できていない部分があって……。この活動は何のためにやったのかな? というものを後から見つけたときは落ち込みました。自分の目が行き届いていなかったなって。グループのことで知らないことがあるのは不安だなって思いました。

CREDIT

取材・文/林将勝 撮影/武田敏将 


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事