FOLLOW US

UPDATE|2019/11/09

AKB48メンバーがサラシにピストル、体当たりで挑む舞台『仁義なき戦い』ついに開幕【写真38点】

『仁義なき戦い〜彼⼥(おんな)たちの死闘篇〜』より武藤十夢(左)と横山由依 (C)AKS

国内AKB48グループのメンバーたちが福岡の博多座に集結し、11⽉9⽇より上演される『AKB48グループ特別公演』。初⽇公演を前に、囲み取材と公開稽古が⾏われ、前半⽇程(11⽉9⽇〜14⽇)に出演のメインキャストたちが登壇した。



公演は⼆本⽴ての構成で、第⼀部はお芝居『仁義なき戦い〜彼⼥(おんな)たちの死闘篇〜』。東映の実録路線映画の⾦字塔「仁義なき戦い」(1973 年公開 監督:深作欣⼆/脚本:笠原和夫)の舞台化に体当たりで挑む。

舞台の⾒どころのひとつが激しい殺陣やアクションシーン。主演を務める横⼭由依(AKB48)は、「舞台ならではのアクシデントももちろんありますが、⼤変なアクションシーンを乗り越える中で、メンバー感の絆も深まっています」と語る。

横⼭演じる主⼈公・広能昌三と、劇中で“兄弟の盃”を交わす若杉寛役をつとめるのは向井地美⾳(AKB48)。「48グループがひとつになって頑張れる機会をいただける事がすごく嬉しい。お芝居を通して48グループの魅⼒を伝えられるように全⼒で取り組みます!」と、こちらも気合⼗分。

来年1⽉に発売される SKE48のシングルにてセンターを務める事が発表されたばかりの須⽥亜⾹⾥(SKE48)も、「私が演じる役柄は、なかなか死なないしぶとさを持った役(笑)。アイドルを10年やってきて、やっとセンターに選んでもらえた⾃分と重なる部分がある」と役どころを語った。

AKB48

AKB48

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事