FOLLOW US

UPDATE|2019/12/01

グッズの梱包も本人、話題のセルフプロデュースアイドル 加納エミリに聞くフリーならではの苦労

撮影/松山勇樹


──ライブイベントのオファーも増えたんじゃないでですか?

加納 確かに増えましたけど、それほどではないです。グループだとメンバー一人ひとりにファンの方がつくのでソロよりも集客力がありますからね。

──今回のアルバム『GREENPOP』はなりすレコードからの発売ですけど、以前リリースした『ごめんね』の7インチシングルも、なりすレコードでしたよね。

加納 7インチシングルは去年2月に出して数ヶ月でソールドアウトしました。けっこう和モノDJの方がクラブなどで流してくださっているみたいで、アイドル界隈以外でも少しは知られているみたいです。この時はHMVやTOWER VINYL(タワーヴァイナル)、ディスクユニオンなどでも取り扱いがあったのが大きかったですね。

──リリースイベントも自分で組んでいるんですか?

加納 私が担当しているところもあるんですけど、なりすレコードの平澤さんという方と一緒に組んでいます。あと今回のアルバムは流通がスペースシャワーなんですけど、その担当者の方も組んでくれていますね。

──今回のアルバムはレコードとカセットでも発売するそうですけど、その判断も加納さんなんですか?

加納 平澤さんの意向も強いんですけど、私もアナログのフォーマットで出したいって気持ちが強くて、二人の意見が一致してです。

──加納さん自身はレコードプレイヤーとカセットデッキを所有しているんですか?

加納 レコードプレイヤーは平澤さんから頂いたんですけど、あまり使いこなせていません(笑)。サブスクしか聴かないんですけど、アナログはカッコいいかなと思って。

──80年代テイストが濃厚なMVのぶっ飛んだ内容も加納さんの意向が強いんですか?

加納 そうですね。一通り仕上がったものを確認して細かいところを直したりしています。

──音楽以外の作業を自分でやることによって、アーティスト活動にプラスになったことはありますか?

加納 レコード会社に所属していた頃よりも行動的になりました。以前は大人のジャッジがないと動けなかったですからね。平澤さんも自由にやらせてくださいますし、私も好きに動けるのが楽しいんです。自分で立てたプラン通りに動けるのも私に合ってると思います。
AUTHOR

猪口 貴裕

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事