FOLLOW US

UPDATE|2019/12/16

STU48 門脇実優菜が「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で残した強烈なインパクトの裏側

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」での門脇実優菜

バラードを選曲するメンバーが多い「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝ステージ。ところが、その中で1人、会場中をざわつかせた強者こそSTU48 門脇実優菜だ。ポップでクセの強いアニメソングという難曲を、この大舞台で選んだ理由は何だったのか?

──『メルヘンデビュー!』はゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」のキャラクター、“ウサミン”こと安部菜々の楽曲です。歌唱力No.1決勝戦でバラード曲などを歌うメンバーが多い中、アニソンのこの曲を歌唱して強烈なインパクトを残した門脇さんですが、振り返ってみて感想はいかがですか?

門脇 今回は「絶対に爪痕を残すんだ」という気持ちで臨んだので、「よし!」という気持ちです! もちろん順位も上に行けるなら行きたかったけど、それよりも爪痕を残すことが自分のテーマだったので。

──歌唱後も「私という人を皆さんに知ってもらえたんじゃないかな」とおっしゃっていましたね。

門脇 とにかく私の全力の“ウサミン”を見てもらいたくて! 私は声優になるのが夢なので、そういう部分も含めて私という人間を伝えられたんじゃないかなと思います。

──『メルヘンデビュー!』を歌おうと決めたのはどの段階で?

門脇 決勝大会に進んだら歌おうというのは最初から決めていました。もともと第1回の決勝大会でも本当は『メルヘンデビュー!』を歌いたかったんですよ。でも家族会議をした結果「しっかり聴かせる歌を歌おう」という話になって『瑠璃色の地球』(松田聖子)を歌ったんですけど、今回は誰が何と言おうと私はこの曲を歌うぞ、と(笑)。

──STU48第1期生オーディションでも歌った思い入れのある曲です。

門脇 そうですね。第1回大会のときはめちゃくちゃ緊張したんですけど、今回の『メルヘンデビュー!』はもうずっと昔から歌い続けてきた曲なので緊張もしなかったし、全力を出し切れたと思っています!

CREDIT

取材・文/左藤豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事