FOLLOW US

UPDATE|2019/12/07

「子どもたちや十代で悩んでいる人へ」中川翔子、5年ぶりのアルバムに込めた思い

撮影/松山勇樹

中川翔子が約5年ぶりのアルバム『RGB ~True Color〜』を12月4日(水)に発売した。マルチタレントとして活躍しながらも、「歌はずっと自分の真ん中にある」と語るしょこたんにアルバムに込めた思いを聞いた。3回連載の1回目。



     *     *     *

私は歌を歌うことが大好きで、ずっと自分の真ん中にあることなんですけど、テレビ、ラジオ、声優、絵のお仕事など、それ以外の活動もやらせて頂いてきました。そういった全ての活動が歌を歌う道に繋がるんだなと最近思うんです。

アルバムを出せなかった5年間も諦めずにライブは続けてきたんですけど、二十代のラストから三十代の前半を迎えている今は人生の中で大きな変わり目で。うれしいことも、喜びも、悲しみも、出会いも、別れも、いろんなことがありました。そういう意味でも、いろんな人生の色を見られた5年間が全部詰まっているアルバムです。

1曲目の『ドリドリ』もシングルリリースは4年以上前になります。ようやく念願かなってアルバムに収録することができました。ライブでは『空色デイズ』と並ぶぐらい定番で歌わせてもらっています。この曲をきっかけに「子どもたちに思い出と夢を届ける」って道が定まって、その集大成が今年だったなと思うんです。

『ドリドリ』はアニメ『ポケットモンスター XY』のエンディングテーマですけど、『風といっしょに』(映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』主題歌)、『タイプ:ワイルド』(アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』エンディングテーマ)とポケモン関連の曲を3曲アルバムに収録できたのも夢みたいです。本当に諦めないで、辞めないで、死なないで、ここまで来られて良かったです(笑)。

5年前、ライブ中にお尻を骨折して、「これって辞めろってことなのかな」って思いましたし、当時は相当悩んでいたんですよ。今のほうが、すごく幸せだなと思いながら歌えています。
AUTHOR

猪口 貴裕

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事