FOLLOW US

UPDATE|2019/12/21

逃げずに10代の自分と向き合う、元アイドルネッサンス・原田珠々華が歌う17歳の“今”

原田珠々華

多くのファンに惜しまれながらも解散した青春感の体現者・アイドルネッサンス。グループ在籍時から大切に歌を届けてきた原田珠々華は解散後、シンガーソングライターという道を選んだ。なぜアイドルではなく、この場所を選んだのか。その決意とは。


──原田さんのツイッターの投稿で最近印象的だったのが、「前に、自分の曲とか弾き語りよりも自撮りが伸びてしまって悩んでたときがあったけどなんか今は逆転しつつあってとてもうれしいな……」ってやつなんですよ。

原田 そうですね。今まではアイドルからシンガーソングライターになったことで、自分でも葛藤があって、「やっぱり自分の曲を広めてもらうためには、ビジュアルも力入れなきゃいけない」と思ってたところもあったんです。それで原型が分からないような自撮りを載せてみたり(笑)。ただ、そこから興味を持ってくださる方もいるんですけど、正直その方たちがライブに来てくれることってなかなか難しいなと。

──拡散は大事だけど、自撮りじゃなくてやっぱり曲で広がりがないと、ということですね。

原田 SNSでも、最近は歌詞を載せたときや、曲の作り方とかをつぶやいたとき、ちゃんとそこに反応がついてきてて、これは一歩ずつやってきたことの結果が徐々に出てるのかな、って思いますね。うれしいです。

──アイドルネッサンス解散後、アイドルではなくシンガーソングライターという道へ進むと決めた理由は何だったんですか?

原田 アイドルネッサンスの解散で、アイドルの持つ“はかなさ”って、ちゃんと終わりがあるからこそ感じられるのであって、アイドル本人たちが生きて輝いてる時間をアイドルに充ててるからこそ、これだけキラキラして素敵なんだってことを学んだんです。アイドルを続けたい気持ちもあったんですけど、「もう終わりたくないな」(もう1回アイドルになって、もう1回終わりたくない)って気持ちも湧いてたんです。

──アイドルの魅力をそこまで理解したんですね。

原田 そこで自分がアイドルネッサンス時代、SNSで弾き語りをあげると、けっこう反応をもらっていたことがうれしくて。知らない人に聞いてもらってるのは私の良い所でもあるんじゃない? って言ってくれる人もいて、そこでシンガーソングライターアイドルみたいな新しい道を作っていけるんじゃないかなと思ったんです。

CREDIT

取材・文/大坪ケムタ

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事