FOLLOW US

UPDATE|2019/12/26

2019年下半期話題のアイドル・真っ白なキャンバス 橋本美桜「アリまでなら食べてもいい」

橋本美桜 撮影/荻原大志

2019年の夏から下半期にかけて、ライブアイドルシーンの話題をさらった新進気鋭のグループ・真っ白なキャンバス。結成から3年目のまだまだフレッシュな彼女たちの中でも、一際フレッシュなのが2018年末に加入したうちの1人、橋本美桜だ。トークが苦手だと語る彼女のパーソナルに迫る。


──橋本さんがアイドルになろうと思ったきっかけを教えてください。

橋本 もとは子役で舞台を中心に活動していたんです。あるとき、共演者の中にアイドル経験者の子がいて。その子がしばらくしてからアイドル活動を再開したときに、すごく楽しそうだったんです。その子に背中を押されたのもあって、アイドルオーディションを探していたら白キャン(真っ白なキャンバス)に出会ったんです。いろいろ調べているうちに、すごくいいグループだなあと思ってオーディションを受けました。

──もともとアイドルがお好きだったんですか?

橋本 いや、そうじゃなかったです。「アイドル オーディション」で調べて、たくさん出てきた中から白キャンを見つけました。

──数あるグループから白キャンを選んだ理由は何だったんでしょう?

橋本 自分の中でいろいろ条件を決めていたんですよ。TIFに出演したことがないグループ、とか。TIFにすでに出演を果たしているグループだと、「一緒に頑張っていく感」みたいなものが持ちにくいんじゃないかなと思っていたんですよね。他には運営の公式Twitterの使い方はどうか、とかも見て。そのうちにメンバーの小野寺梓ちゃんがすごく可愛いなと思ったのもありますね(笑)。

──2018年の12月31日に加入した橋本さんは、間もなく加入1周年を迎えます。白キャンに加入してから、「想像していたのと違った」と感じる部分はありましたか?

橋本 「一緒に頑張っていく感」を求めていたものの、グループが想像していたよりも成長していて、ついていくのがすごく大変でしたね。

──でも、グループ結成から橋本さんの加入までってそこまで大きく離れてはいないですよね?

橋本 約1年ですね。でも、1年アイドルをやっているだけで、こんなにも歌が上手いんだってレコーディングに行って初めて思いました。小さい頃から子役をやっていたので、ダンスはそんなに苦戦しなかったんですけど……歌とトーク力が(笑)。喋る力がないんですよね。メンバーと打ち解けられないとかじゃなくて、MCが本当に苦手なんです。決まったことしか喋れないうえに、すごく早口になっちゃうんですよね。

──確かに、あんまり早口だと聞いている方も「何だ?」と戸惑うかもしれません。今は加入当初と比べて成長したなと思いますか?

橋本 それが全然(笑)。むしろもっと早口になった気がします。多分加入当初の方がゆっくりだったんじゃないかな。

──それは緊張からでしょうか?

橋本 いや、緊張はしてなかったんですよね(笑)。やっぱり舞台をやっていた、というのは大きいのかも。


RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事