FOLLOW US

UPDATE|2019/12/30

はちみつロケット、新体制から半年「物足りないと思われないように…自分たちで考えるようになった」

はちみつロケット 撮影/荻原大志

2019年4月に、自身過去最大規模となるZepp Tokyoでのワンマンライブを成功させたはちみつロケット。勢いづくと思われた矢先、リーダーの雨宮かのんがグループを卒業し、新体制でのスタートをきった。リーダーの卒業ということで、個々のメンバーに芽生えた焦りと、前向きな気持ち。そして定期公演で続ける“新たな試み”の裏側を本音で語る。


──今年6月にリーダーだった雨宮かのんさんが卒業しましたが、すぐに6人体制を受け入れることができましたか?

公野 かのんちゃんが卒業してから、6人体制で初ライブするまでの期間が1週間ぐらいしかなかったんです。なので、がむしゃらに頑張っていたんですけど、最初はかのんちゃんがいないレッスンの違和感がすごかったです。

華山 もっと7人時代の余韻に浸っていたかったんですけど、次に進まなきゃいけないので、常に追われているというか。やり遂げなきゃ! って気持ちで1週間を過ごしました。

澪風 新体制になって物足りないって、ロケッターさん(ファンの呼称)に感じてほしくない一心でレッスンしてました。

──新体制になってメンバーだけで話し合うことはありましたか?

澪風 どちらかというと、直接話し合うことよりも個々でスキルに磨きをかけていた印象ですね。私自身、6人になって今まで以上に頑張らなきゃって思っていたし、ずっと一緒に活動しているから、他のメンバーからもそういう気持ちを感じたんですよ。

──リーダーが抜けたことで、各メンバーの責任感も強くなりますよね。

公野 (華山)志歩ちゃんが最年長になったから、負担やプレッシャーは一番大きかったと思います。

華山 もともと「まとめなきゃ!」ってタイプではないんですけど、ポジション的にまとめられる人にならなきゃなって思いました。ただ私1人でやっている訳じゃないし、みんなに助けられているなって感じることの方が多かったです。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/荻原大志

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事