FOLLOW US

UPDATE|2020/01/08

“最強ライブアイドル”まねきケチャ「コールのテンポが崩れると、踊りを間違えることがあります(笑)」

まねきケチャ 撮影/河野優太

昨年9月には念願の武道館公演を成功させ、様々なアイドルグループが集うイベントでは大トリを飾ることも多いまねきケチャ。一方でリードボーカルの藤川千愛の卒業、新メンバーの加入などグループとしての形も大きく変化している。そんな彼女たちが、今目指すライブの形とは。


──待望のニューアルバム『あるわけないの』は、どんな作品になりましたか?

深瀬 新曲が入っていたり、既存曲を今の5人で録り直した曲が入っていたりかなり盛りだくさんのアルバムになっています!

松下 2枚目のアルバムで、この5人のメンバーでは初めてのアルバムになるんです。歌割りも変わったりみんな頑張ってレコーディングしました。ぜひたくさんの方に聴いてほしいです!

──では、それぞれのお気に入り曲を聞かせてください。

深瀬 私は『愛と狂気とカタルシス』という曲です。カタルシスって浄化って意味なんですけど、ライブで歌うときすごく感情が入るんです。みなさんも日々溜まるフラストレーションを、これを聴いて爆発させてほしいです(笑)。

中川 私は、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(フジテレビ系)のエンディング曲になった『鏡の中から』です! この曲で、お子さんのお客さんが増えたんですよ。未だに反響があって、近所の小さい子に(曲中のフレーズである)“オエオエオ!”って言われます(笑)。

松下 私は『あるわけないのその奥に』です。この曲も『ゲゲゲの鬼太郎』の2回目のエンディング曲なんですけど、ぜひ、小さい子からおじいちゃんおばあちゃん世代まで幅広い年代の人に聴いてほしいです。

宮内 私は『SPLASH』です。以前発表した曲(2016年発表の2ndシングル)ですが、今回5人で録り直したんです。ライブでタオルを回して一体感が出る曲なので、みなさんと一緒に楽しみたいです!

篠原 私は『共通項』という曲が好きです。アルバムの新曲で、私と好きな人の共通点は何だろうって考える曲なんです。サビも覚えやすいです!

──では、ここからはまねきケチャのライブの魅力について探っていきましょう。昨年9月24日には武道館公演を成功させて、今年は多くの対バンイベントなどでトリを務めていますが、こういう状況をみなさんはどう感じていますか?

深瀬 素直にありがたいですね。

中川 ほんとにうれしいです!

CREDIT

取材・文/土屋恵介 撮影/河野優太


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事