FOLLOW US

UPDATE|2019/12/19

日向坂46クリスマスライブでサンタクロースに変身、アリーナツアー&東京ドーム公演&SG発売も決定

幕張メッセ国際展示場で行われた「ひなくり2019」

日向坂46によるワンマンライブ「ひなくり2019 〜17人のサンタクロースと空のクリスマス〜」が12月17、18日の2日間にわたり、幕張メッセ国際展示場4〜6ホールにて開催された。



昨年はけやき坂46として、日本武道館でのクリスマスライブを成功させた彼女たち。日向坂46に改名後初のクリスマスライブには、2日間でおよそ4万人が詰めかけた。雲の上の世界にあるという“プレゼント工場”を舞台にストーリー仕立てのライブを繰り広げた彼女たちは、ファンタジックなひと時で集まった“おひさま”(日向坂46ファンの総称)を楽しませた。

     *     *     *

クリスマスムードを盛り上げるVTRが流れ、カラフルなプレゼント工場を模したステージにはキャプテンの佐々木久美を筆頭にメンバーが次々に登場。キュートなオーバーオール姿の彼女たちは「キュン」で勢いよくライブの幕開けを飾る。

大歓声を浴びながらも、クリスマスに向けて大忙しでプレゼントの準備に取り掛かっていくメンバー。工場内に設置された“おねがいポスト”に届いたサンタ宛ての手紙を受け取った渡邉美穂がうれしそうに飛び跳ねると、そのまま「ハッピーオーラ」のパフォーマンスへとつなげる。彼女たちはテディベアや自転車、楽器、フラフープなど、子供たちへのプレゼントを抱えて元気にステージを駆け回った。

最初のMCで加藤史帆は「空色のサンタさんになれてうれしいです!今日は皆さんにハッピーというプレゼントができるようがんばります」と意気込む。また彼女たちはライブの注目ポイントとして「おひさまの元に行く機会が多いから待っててね!」と期待を煽った。

その言葉通り、「ママのドレス」では潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花がゴンドラに乗りこんで観客の元へ。場内がいっきに色めく中、5人は遠くにいるファンまで力いっぱい手を振り、コミュニケーションを楽しんだ。

アコースティックギターを手に客席間の柱ステージに現れたのは富田鈴花と松田好花。二人が「まさか 偶然…」で透明感ある美しいハーモニーを響かせたあとは、メンバーが合流し「ホントの時間」を歌唱。クリスマスが待ちきれないような様子で、リズミカルにステップを踏んだ。

17日公演では河田陽菜が、18日公演では丹生明里がクリスマスの飾りつけをしながら「サンタさんなんて本当はいないよね…」と考えこむVTRを経て届けられたのは「ときめき草」。メンバーは優しく微笑みながら、可憐なダンスを披露した。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事